好調から一転、この日はスコア崩し14位Tに後退(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ゴルフ日本シリーズ JTカップ 3日目◇6日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 2打差の6位と絶好の位置でスタートした石川遼だったが、この日は3バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“73”で3つスコアを落とし、トータルイーブンパーの14位タイに後退。首位との差は7ストロークに広がり、今季最終戦最終日を迎えることとなった。
石川遼、6位に浮上!「今週のゴルフなら優勝争いできる」
 前日から続く好感触が途切れたのは3番パー4。フェアウェイからピッチングウェッジで放った約150ヤードのセカンドをグリーン左の斜面下に外した。「今は左に行かないスイングをやっているのに左に行って、そこからちょっとずつおかしくなった」。3番をボギーとすると、4番でもフェアウェイからのセカンドをショート。連続ボギーとし流れを失った。
 何とか修正を試みるも「シャフトの動きだけを意識しすぎて、いい球、いい感触が一度もないまま17番まで終わってしまった」。ようやく納得のショットが出たのは名物ホールの18番パー3のティショット。「左に流れているのに気が付いて、その場でターンしたら思い通りの球が打てた」とボールを見送る表情に自信をのぞかせたが、巻き返すには遅すぎた。
 ホールアウト後は吐く息も白くなるほど冷え込んだ練習場で打ち込んだ。最終ホールでの気づきを体にしみこませた。「最後つかめたので明日は前半3アンダー、後半5アンダーくらいの目標を立ててできれば」。首位との7打差も苦手のOUTで好スタートを切ることができれば、比較的スコアを伸ばしやすい後半に追い上げることができるという算段。「とにかく最初のハーフ。自分のベストを尽くしたい」。最後の最後まであきらめの色は見せない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【スイング解説】タイガーの“新しくも、古き”最新スイング
今週は“ブライダルモデル”が登場!「美ゴ女」