牽猴子提供中央社フォーカス台湾

夢遊病状態で行った同僚へのセクハラが不起訴に 台湾

ざっくり言うと

  • 社内で同僚の女性を抱きしめるなどし7月、セクハラで通報された台湾の男性
  • 当時男性は睡眠薬を誤飲し、夢遊病状態だったとして、検察が不起訴処分に
  • ただ、男性は同様の状態で車の運転や料理をこなしていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング