2014年の日本女子テニス界は、シーズン早々に明るいニュースが舞い込んできた。2月にブラジルで行なわれたリオ・オープンで、22歳の奈良くるみがツアー初優勝を遂げたのである。一方、ベテランのクルム伊達公子も負けてはいない。全米オープンのダブルスで快進撃を見せ、キャリア初の準決勝進出を果たした。元プロテニスプレイヤーの神尾米氏は、どんな想いで彼女らの活躍を見ていたのか。

 今季の日本女子テニス界を振り返るならば、まずは奈良くるみ選手の活躍が嬉しい話題でした。奈良選手は、とにかくミスが少ないですね。無理に打ってミスをするのではなく、しつこく、粘って、粘っていく......。だからこそ、対戦相手が根負けするシーンが多かったのだと思います。相手を自分のテニスに引きずりこんで崩していく、「しつこいぞ〜!」と思わせるゾーンを彼女は持っているので、それは他の日本人選手が見習うべき点ではないでしょうか。

 対戦相手は奈良選手に対して、「嫌だな」という印象を抱いていると思いますよ。もし、私が奈良選手と戦うことになったら、「しつこいんだよな〜あの選手。長い試合になるだろうなぁ。ミスをしないようにしないとなぁ」と思うでしょうね(笑)。

 あと、奈良選手のフットワークは、やっぱりすごいです。ベースラインから高い打点で破壊力のあるショットを打つには、海外の選手のように身長がないと難しい。だからこそ、奈良選手はフットワークを使ってコートの中に入り、跳ねてから間もないボールを高い打点で打っています。

 ここ数年で、奈良選手は武器である、そのフットワークを変えてきました。以前は細かいステップでしたが、大きなステップに変えるようにコーチの原田夏希さんから指導されたと聞いたことがあります。ただ、最初のころは大きなステップを試しても、うまくいかなかったと言っていました。大きく動こうとすると、バランスが崩れてしまったり、スタンスの広さに耐えられる筋力が足りなかったためでしょう。しかし、フィジカルを鍛えたことで、大きなステップができるようになったと思います。

 大きなステップに変えた理由のひとつは、ボールに追いついたあとに細かなステップを入れてしまうことで、ラケットの出が遅くなっていたからではないでしょうか。私もジュニアの子どもたちに教えるとき、そこは注意している点です。せっかく良いスピードで走ってボールに追いついても、最後にボールとの距離を調整するためにチョコチョコと細かいステップを入れてしまうと、それまでのスピードを殺してしまいます。そうすると、ラケットの出は遅くなるし、走ったスピードを生かしたランニングショットが打てなくなるんですね。

 ただ、細かいステップが常に悪いというわけではありません。ボールが身体の正面にきたときは、細かくステップを踏んで微調整することも重要です。最近の奈良選手は、その使い分けが状況に応じてうまくできるようになったのではないでしょうか。

 また、奈良選手はコートの中に入っていくときのフットワークも良くなったと思います。ラリーで相手の球威に押されてしまうと、スプリットステップ(相手がボールを打つ瞬間に両足で軽くジャンプして次の動きに備えるステップ)の次の一歩が、後ろに下がってしまいがちになります。しかし、現在の奈良選手は、スプリットステップの後の一歩が、斜め前に出ているのです。その結果、ボールの落下点に向かうスピードが速くなりました。

 以前の奈良選手なら、ボールがバウンドしてから少し落ちてくるのを待って打つことが多かったと思います。ですが今は、前よりも高い打点でボールを打てています。ボールを捕えるタイミングが速くなったので、展開も速いし、特にストレートへのショットを効果的に使えているようになったと感じました。

 来年の奈良選手は、他の選手たちに警戒されることも多くなるでしょう。ですが、守りに入らなくても良いランキング(現在44位)だと思います。まだ上だけを見てやっていけるポジションですし、むしろそうあってほしいです。

 現在のランキングシステムは、1年前に勝って獲得したポイントを守らないと、ランキングが落ちてしまいます。そのため、昨年優勝した大会や、良い成績を残したグランドスラムが近づいてくると、プレッシャーが強くなってくるかもしれません。それらを乗り越え、奈良選手が今後も活躍していくためのカギは、「どれくらいプレイの引き出しを増やせるか」ではないでしょうか。例えば、今の展開力に加えて、ネットで仕留めるボレーであったり、相手をいなすショットだったり......、そのあたりを増やすと、さらに上が見えてくるのかなと思います。

 そのような面でいうと、クルム伊達公子さんの引き出しの多さは素晴らしいですよね。持ち味のライジングショットや展開力に加えて、スッと前へボレーに出たり、スライスなどいろんなショットを使い分けたり......。相手にプレイスタイルを研究されていても、「まだ手持ちのカードがあるわよ」というのを見せられるところが、伊達さんのすごいところだと思います。

 伊達さんは本当に、テニスに打ち込んでいる自分が好きで、誰かにやらされることなく自分の意志で、自分のためにやっているんだと思います。コート上で戦っている自分が好きだろうし、戦いに向けてトレーニングしている自分も好きなんだと思います。ですので、例え試合に負けても、潔(いさぎよ)いですよね。だからこそ、次の試合に気持ちを切りかえて行けるんだと思います。

 今季の伊達さんは、グランドスラムのシングルスではドローに恵まれず、初戦敗退が続きました。しかし、すべてフルセットの大熱戦でした。伊達さんならどこのドローに入っても、例え相手が第1シードでも、「何かやってくれるのでは」とワクワクさせてくれます。実力的に相手が上だとしても、踏んばりながら何かしら見せてくれるのが、伊達さんです。

 相手が伊達さんのテニスにハマり、固まってしまう......。今季、そんなシーンを何度も見ました。若い選手からすれば、43歳でも第一線で活躍している伊達さんに対し、「何か特別なモノを持っているはずだ」と一歩構えて考えてしまうのではないでしょうか。そして実際、コートに立って対戦すると、相手のパワーを上手に使う伊達さんのライジングショットは、なおのこと不気味に感じるはずです。自分の調子は良いのに、打てば打つほど鋭いボールがポンポンと返ってきてポイントが取れない。「何かおかしい、早めに攻略しないといけない......」。そんな焦りが生まれてしまうのでしょう。

 そして伊達さんは、相手のそのような心理も頭に入れながら、試合に向かっていると思います。どこかで相手が硬くなる時間帯が出てくるはずと信じ、その時を待ちながら集中しているのだと思います。全米オープンのビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)戦でも、試合途中でビーナスが本来の速い展開ではなく、ゆるいボールを多く打ち始めるようなシーンがありました。焦ったビーナスを見た、印象的な試合でしたね。

 一方、伊達さんのプレイの幅は、1990年代のころよりも広がっているように感じます。今のほうがスライスやドロップショットを使うし、ネットにも出て行きます。昔は、ムーンボール(ゆるい山なりのボール)が伊達さん対策として広く知られ、高く跳ねるボールに苦しめられていました。でも今では、ネットに出てボレーでカットしたり、ドライブボレーで決めるプレイを以前よりも実践しているように感じます。

 フィジカル面は、復帰した2008年よりも現在のほうが上でしょう。復帰したばかりのころは、フットワークの面などでも、「昔の伊達さんだったら取れていたのにな〜」と思うことがあったのですが、今は瞬発力や踏んばる力が上がっていると思います。あれだけ体力を上げるためには、相当トレーニングをしているはずですよ。体力だけでなく、筋力も鍛えているはずです。そうでなければ、あんなに速いタイミングでボールを速く、深く打ち続けるなんて、不可能ですもの。

 伊達さんの自分への厳しさは、大会中の練習コートでの姿を見ても分かります。ウインブルドンでも、コーチと意見をぶつけながら練習していました。自分に求めるものがとても高く、徹底的に追及していく――。その厳しさは、他のツアー選手と比べても上だと思います。

 逆にオフコートの伊達さんは、特に今季は、「ものすごく明るいな」というのが印象的でした。全仏オープンのとき、練習コートに入る前の伊達さんと立ち話をしたのですが、ピリピリしたところがなく、楽しくお話ししました。また、全米オープンのときも、ダブルスの試合前にアップしていた伊達さんに、「元気ですね〜」と声をかけたら、「もう、身体ボロボロよ〜」と口では言いながら、すごく良い表情をされていたんですね。試合後に収録スタジオに来てくれたときも、向かってくる伊達さんに手を振ったら振りかえしてくれたり、とてもリラックスされていました。オンとオフの切り変えには、すさまじいものを感じますね。

 来年以降の伊達さんの戦いでカギとなるのは、「いかにフィジカルを維持してケガをしないか」でしょう。それさえ問題なければ、グランドスラムなどでまたすごいことをやってくれるのではないでしょうか。体調面とドローの運が重なれば、その可能性は高いと思います。

 今季の日本女子テニス界は、伊達さんや奈良選手の活躍だけでなく、若手選手たちの話題も多くありました。日本人の母親とアメリカ人の父親を持つ17歳の大坂なおみ選手が、全米オープンで優勝したこともあるサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を破ったニュースは、とてもインパクトがありました。また、22歳の江口実沙選手も、もう少しでグランドスラムの本選に出られるところまで来ています。そういう選手たちの来年の活躍には期待したいですし、彼女たちにはITF(下部大会)を卒業してWTAツアーに定着してほしい。すぐに勝つことは難しいですが、頑張って踏んばりながら、ぜひツアーを主体に戦える選手を目指してほしいと思います。

【profile】
神尾米(かみお・よね)
1971年11月22日、神奈川県横浜市生まれ。母の影響で10歳からテニスを始め、東海大学付属相模高校卒業後の1990年にプロ転向。1992年の全豪オープンを皮切りにグランドスラムで活躍。1995年にはWTAツアーランキング24位まで登りつめるが、肩の故障により1997年2月の全日本室内テニス選手権の優勝を最後に25歳の若さで引退。現在はブリヂストンスポーツのイベントで全国を回るかたわら、プロ選手やジュニアの育成に携わっている。WOWOW解説者。

内田暁●構成 text by Uchida Akatsuki