謎だらけのディズニー映画新作、“ウォルトの夢”正式タイトルが決定。

写真拡大

「1952」という企画の発表以来、全世界で様々な憶測を呼び、極秘プロジェクトとして水面下で進められていた映画のタイトルが「トゥモローランド」に決定。2015年6月6日(土)に全国で公開されることがわかった。

「トゥモローランド」の名を冠したこの極秘プロジェクト。すべての謎のカギを握るのは、ウォルト・ディズニー社の保管庫から見つかったさまざまな資料だ。それは“ウォルト・ディズニーが未来へ託した夢”だった。

“ウォルトが思い描いた未来”の詰まったその資料は、運命的に2人の天才の元へ届くことになる。ハリウッドを代表するフィルムメーカー、ブラッド・バードとデイモン・リンデロフだ。

この史上空前のプロジェクトを率い、映画化を実現させた2人からストーリーの詳細は未だ明かされていないが、現在わかっていることは、“未来を夢見る”17歳の女の子と“トゥモローランド”の存在を知る男が、イマジネーションあふれる“未知の世界”の謎に迫っていくということだけ。そこで描かれるのはウォルト・ディズニーが思い描いた“未来の世界”なのだろうか。

「これまでに出演したどの映画よりも規模が大きい」と語るのは、名実共にハリウッドを代表するスター、本作で“トゥモローランド”の存在を知る男フランクを演じるジョージ・クルーニー。

さらに、フランクと行動することになる17歳の女の子ケイシー役に抜擢されたのは、若手女優ブリット・ロバートソン(TVシリーズ『アンダー・ザ・ドーム』)。役柄は全く明かされていないがヒュー・ローリー(TVシリーズ『Dr.HOUSE』)、ラフィー・キャシディ(『スノーホワイト』)など、魅力的なキャストが脇を固める。

監督・脚本は世界的大ヒットアニメーション「Mr.インクレディブル」「レミーのおいしいレストラン」で2度のアカデミー賞を受賞し、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」で鮮烈な実写デビューを飾ったヒットメーカーのブラッド・バード。製作と共同脚本を務めるのは、大ヒットテレビシリーズ「LOST」のクリエーターの1人で、「プロメテウス」や「スター・トレック」シリーズの脚本も手がける才人デイモン・リンデロフだ。

本作のタイトルにもなった“トゥモローランド”は日本をはじめ、各国のディズニーランドのテーマパークの1つとしても知られている“未来の世界=トゥモローランド”。しかし、映画「トゥモローランド」では、私たちが未だかつて目にしたこともないような世界が描かれているという。

果たしてウォルト・ディズニーは、どのような未来の世界を想像していたのだろうか。彼が託した極秘プロジェクトとは何だったのか――。映画「トゥモローランド」は2015年6月6日(土)全国ロードショー。