置き場所を選ばない手のひらサイズ

写真拡大

ECS正規代理店のリンクスインターナショナル(東京都千代田区)は、「Windows8.1 with Bing」を搭載した手のひらサイズの超小型デスクトップパソコン「LIVA(リバ)」を、2014年12月6日より全国の家電量販店およびPCパーツ専門店で発売する。

サイズも消費電力もコンパクト

本体重量約190g、容積0.4Lのコンパクトな手のひらサイズの筐体に、高性能かつ発熱が少ないプロセッサ「Intel Bay Trail-M SoC, Celeron N2807」を搭載。ファンレスのため完全に無音で動作する。消費電力はわずか15W。CPUに統合された内蔵GPU「Intel HD Graphics」により、フルHDサイズの動画もスムーズに再生可能。

従来のHDDに比べ高速アクセスでき、省電力性能が高いeMMCメモリストレージを搭載。2GBの容量を確保した低電圧DDR3Lメモリ、有線接続のギガビットLAN、ワイヤレス通信のWi-Fi802.11a/b/g/n、Bluetooth4.0を搭載している。USBポートは従来型の2.0に加え、より高速な3.0ポートも搭載しており、外付けHDDやUSBメモリなどへの高速アクセスが可能。モニタ出力にはD-subのほか、リビングの液晶テレビなどにも接続可能なHDMIポートも装備。双方のポートからの同時出力によるデュアルモニタにも対応している。

店頭売価は、ストレージ容量64Gモデルが3万円前後(税抜)、同32Gモデルが2万8000円前後(同)と予想される。