写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今シーズンにMLBでプレーした日本人選手は、活躍とケガの両方が目立った。30代後半になっても、コンスタントに成績を残し現役を続けられる選手と、ケガで大きくパフォーマンスを落とす選手とが、くっきり明暗を分けたシーズンだったと言える。

今シーズンを振り返りながら、日本人メジャーリーガーの良い話題と残念な話題の上位3つを紹介しよう。

○MLB全体で2位の四球率だった岩隈が奮闘

まずは、明るい話題を振りまいてくれた3人の選手からだ。

■1位: 岩隈久志(マリナーズ)―33歳で15勝、四球率3%

好成績の理由は、なんといっても生命線である制球力がさえわたったこと。過去2年に比べストレートが減り、スプリッターなど、コントロールしにくい落ちるボールがやや増えた投球内容にも関わらず、MLB全体で2位の3%という四球率を達成した。

打者100人に投げて3つという割合は、1試合を完投して1個出すか出さないかという驚異的な数字だ。勝ち星(15)よりも四球が少ないまま、シーズンを終えそうな感すらあった(最終的な与四球は、敬遠を除いて21)。

今年33歳となり、一般的なフィジカルのピークは完全に過ぎたと思われるが、それでもなおMLBトップクラスの成績を残した岩隈。37歳で39セーブを挙げた斎藤隆(当時ドジャース)、35〜39歳まで連続で2ケタ勝利を記録している黒田博樹(ヤンキース)、38歳で「世界一のクローザー」と称された上原浩治(レッドソックス)など、長命選手の系譜に名を連ねることを予感させる活躍だった。

■2位: 青木宣親(ロイヤルズ)―攻守で魅せてWS進出

岩隈と同じくMLB3年目の青木は、所属するロイヤルズの久々となるワールドシリーズ進出を支える活躍が印象的な1年となった。ただ、打率は維持しているが1年目に10本打った本塁打は1本に減り、30個を記録した盗塁は17個に減っている。

過去2年に比べて良かったと見られるのが守備だ。守備範囲などを加味すると、僅差ながらライトでは、ア・リーグで最も高い評価を得ている。青木の守備についてはメディアの評価は分かれたが、エンゼルスとのア・リーグ地区シリーズでの好捕など印象的なプレーもあった。

日本人野手はMLBで苦戦が続く。青木も日本での活躍を考えれば苦戦の部類に入るが、これまでの経験を生かし持てる力を振り絞って奮闘している。

■3位: 黒田博樹(ヤンキース)―5年連続2ケタ勝利&規定投球回達成

華やかながら浮き沈みも激しいチームにあって、黒田は今シーズンも一人黙々と投げ続け11勝をマークした。投球回も199回に達し、日本人投手ではトップだった。

三振奪取や四球の出し方、被打率などはもうこの5年ほとんど変わっておらず、波のない完成されたパフォーマンスを見せてきたが、その裏側にはさまざまな工夫がある。例えば今シーズンは、ストレート(フォーシーム)やスライダーが減ってスプリッターが増加。変わらず多投したシンカー(ツーシーム含む)とともに、一層重要な球種になっていた。

黒田はこの夏、広島市で発生した土砂災害を受け広島市に義援金を送ったが、ことあるごとに古巣・広島への復帰の意思を口にしている。しかし、ここまで安定した成績を残している限りMLBからのオファーは減らず、日本復帰のタイミングは計りづらそうだ。2年連続で3位と若手が育ち、新井貴浩が戻ってきた広島に、黒田の復帰がもしあれば、来シーズンは最高に盛り上がりそうだが……。

○マー君のケガを巡り、日米をはさんだ議論が発生

ここからは、残念に感じられた話題のトップ3を紹介しよう。

■1位: 田中将大(ヤンキース)―「右ヒジ靭帯部分断裂」

全米を震撼(しんかん)させた素晴らしい活躍から突如の暗転。マー君のケガを聞いて、背筋が凍る思いをした日本のファンも多くいたはず。「高校時代に投げ過ぎた」「NPBで投げ過ぎた」「スプリッターの多投の影響」「MLBの中4日ローテの問題」……。田中の悲劇を受け、責任を押し付け合うかのようなかまびすしい議論が日米をまたにかけて発生した。当初に伝えられていた程度より症状は軽く、シーズン中に復帰を果たしたものの、その起用方針もまた議論を呼んだ。

■2位: ダルビッシュ有(レンジャーズ)―物議をかもした発言

右ヒジの炎症で8月13日に故障者リスト入りしたダルビッシュ。直後の会見で今シーズン中の復帰の可否を聞かれたダルビッシュは、優勝争いから脱落していたチーム事情もあり「できるでしょう。でも本当に無理するところではないので……」と話し、地元メディアが反発。選手の本音としては理解でき、地元メディアが放置できないのもわかる。それだけに不毛な衝突にも映った。

■3位: 藤川球児(カブス)―来季契約オプション破棄

MLB1年目の昨シーズン、前腕部の張りを訴え検査を受け、6月にトミー・ジョン手術。今シーズン8月に復帰し15試合に登板したが評価は上がらず、カブスが権利を持っていた3年目の契約延長はなされなかった。

MLB2年間で27イニングに登板。1勝1敗2セーブ、31奪三振、防御率5.04 で藤川はカブスでのプレーを終了した。日本でのパフォーマンスが圧倒的だった選手ほど、ケガの話題はつらいものがある。

週刊野球太郎

スマホマガジン『週刊野球太郎』では、今年限りで引退した選手たちの心揺さぶるヒューマンストーリーを紹介。また、プロ、アマ、メジャーの今年を振り返るクイズも開催中。新刊『野球太郎No.013〜2014ドラフト総決算&2015大展望号』は、ドラフト指名選手81名、育成ドラフト指名選手23名のデータに加え、2015年度のドラフト候補選手88名も掲載!

(週刊野球太郎)