世界のトップが集まる中、好スタートを決めた松山英樹(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ヒーロー・ワールドチャレンジ 初日◇5日◇アイルワースゴルフ&カントリークラブ(7,354ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるアイルワースG&CCで開幕した、ツアー外競技「ヒーロー・ワールドチャレンジ」。世界トップクラス18名のエリートフィールドに日本人として初めて入った松山英樹は7バーディ・3ボギーの“68”で回り、4アンダー6位タイと上々のスタートを切った。
ダンロップフェニックスの最終日は左手首にテーピング
 ジミー・ウォーカー(米国)と共にティオフした松山は1番でボギーが先行するも、2番、3番と連続バーディでカムバック。しかし、4番をボギーとするなどスコアを伸ばせず前半を終える。それでも、12番で4メートルを沈めて再びアンダーパーの世界に入ると14番、16番、17番と立て続けにバーディを奪って首位と2打差の好位置につけて見せた。
 優勝を飾った「ダンロップフェニックス」では3日目の15番、最終日の16番と林の中からショットを打った際に左手首を痛めていたことを明かしていたが、1週間のオフのケアでプレーできるまでに回復。ダンロップフェニックス最終日につけていたテーピングも外してプレーした。
 首位はそのフェニックスで優勝を争ったジョーダン・スピース(米国)。2位に並ぶのももちろん世界のトップランカーばかり。上々のスタートに週末への期待が高まった。
【初日の順位】
1位:ジョーダン・スピース(-6)
2位T:ザック・ジョンソン(-5)
2位T:スティーブ・ストリッカー(-5)
2位T:リッキー・ファウラー(-5)
2位T:ヘンリック・ステンソン(-5)
6位T:松山英樹(-4)
6位T:グレアム・マクドウェル(-4)
6位T:ジミー・ウォーカー(-4)
18位:タイガー・ウッズ(+5)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【スイング解説】タイガーの“新しくも、古き”最新スイング
ウッズ、復帰初日は5オーバーで最下位 ブービーとも4打差
【連続写真】タイガー・ウッズ2014年最新スイング(後方)
懐かしい2000年のスイングも連続写真でチェック!
ウッズ、新コーチ、新クラブ、新スポンサーで復帰戦に挑む