水平にも移動できる「リニア・エレヴェーター」が、無駄な待ち時間を解消する(動画あり)

写真拡大

垂直だけでなく水平方向にも移動できる磁気浮上方式のエレヴェーターを、ドイツを拠点とする重工業メーカー、ティッセンクルップ社が開発している。動画で紹介。

「水平にも移動できる「リニア・エレヴェーター」が、無駄な待ち時間を解消する(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ドイツを拠点とする鉄鋼・重工業メーカー、ティッセンクルップ(Thyssenkrupp)社は、垂直だけでなく水平方向にも移動できる新エレヴェーター技術「Multi」のテストを2016年に開始する(同社は多国籍企業であり、日本でも複数箇所に拠点をもっている。エレヴェーター部門は欧州で最大シェアを誇る)。

Multiは磁気浮上(マグレヴ)方式だ。ロープもワイヤも必要なく、ひとつのシャフト内で、複数のエレヴェーターキャビンを動かすことができる。

ループの中を複数のキャビンが移動するこのシステムは、現代の地下鉄網にたとえられる。ケーブルがなく、前後にも上下にも移動可能なので、建築家は、より革新的な建物をつくることができるようになるだろう。

どの方向にも移動できるだけではない。Multiならスピードと効率も向上する。Multiは同じシャフトに複数のキャビンを走らせることができるため、実現すればエレヴェーターの待ち時間を大きく削減できるのだ。

移動速度は秒速約5mで、15〜30秒ごとにエレヴェーターがやってくるという。また、キャビンが従来のエレヴェーターより小さく、シャフトもコンパクトになる。

ティッセンクルップ社の計算によると、ニューヨークの会社員が1年間にエレヴェーターを待つ時間は、全員を累計すると16.6年。エレヴェーターの中で過ごす時間は5.9年だというが、こうした無駄な時間が解消されることになる。

(関連記事)高層ビルは世界経済について多くを教えてくれる

ティッセンクルップ社は2016年末までに、ドイツのロットヴァイルに建設される新しいテストタワーで、Multi技術によるエレベーターの試作品をテストすることを目指している。

TAG

ElevatorMaglevVideoWiredUK