ネットワーク型 脳マシンインターフェイスで制御する装着型ロボット、一般向け試作機公開

写真拡大

脳活動と連動して動くブレイン・マシン・インターフェース(以下BMI)の一般家庭向け試作機と、その周辺技術が公開されました。

BMIとは、脳波や血流などの情報を読み取って人間の思考や情動を推定し、機械と連動させることで神経機能を代行させる技術の総称。頭でイメージする、あるいは簡単な動作を行なうことで、義肢や車椅子といった外部機器の制御を実現します。今回発表された試作機および周辺技術は、電気通信基礎技術研究所(ATR)、日本電信電話(NTT)、島津製作所、積水ハウス、慶應義塾大学が共同で開発したネットワーク型BMIと呼ばれる一連のシステム。使用者が身に付けた脳活動計測装置と、生活環境に設置したセンサーが計測した各種データをネットワーク経由で解析システムに伝送し、クラウドあるいは環境内に置かれた脳活動データベースと照合して動作情報を外部機器に伝えることで、使用者の活動を支援する仕組みです。

これまでは実験室内環境だけで動作させていたBMIシステムを一般家庭で動作するよう拡張し、高齢者や体の不自由な人に向けた自立支援と、介助者の負担軽減を見込みます。また、一般的な生活環境において、使用者が特別な訓練を必要とせず、また専用の機器を装着するだけという侵襲性の低さも特徴としています。

詳細は後ほど、別記事にてお伝えします。