リオ五輪予選の組み合わせが決定、日本はマレーシア、ベトナム、マカオと

写真拡大

 アジアサッカー連盟は4日、マレーシアのクアラルンプールで来年3月に開催されるAFC U−23選手権2016予選の組み合わせ抽選会を行った。

 日本はグループIに所属し、来年3月27日に開催国のマレーシア、同29日にベトナム、同31日にマカオと対戦する。

 2016年のリオデジャネイロ五輪予選を兼ねる同大会の予選は、来年3月23日から31日に実施。各グループ1位および、同2位のチームで成績が上位の5チームに、本戦開催国のカタールを加えた16チームが、2016年1月に開催される決勝大会に進出できる。決勝大会の上位3チームがリオ五輪への出場権を獲得する。

 グループリーグの組み合わせ決定を受けて、手倉森誠監督は「マレーシアという暑いところで試合をすることになり、12月の遠征がちょうどよいシミュレーションになります。本大会に向けて、この予選から日本の可能性を示していきたいと思います」とコメント。「対戦する3カ国は、予選が開催される時期にマレーシアという地域で試合をしたら、いずれもしぶとそうな印象があります」と語ると、Jリーグでの監督経験を持つ三浦俊也氏が指揮するベトナムについても触れ、「ベトナムは三浦俊也さんがチームを率いていており、対戦できることが高いモチベーションにもなります」と闘志を燃やしている。

 グループリーグの組み合わせは以下の通り。

■AFC U−23選手権2016予選
<グループA>
イラク、オマーン、バーレーン、レバノン、モルディブ

<グループB>
ヨルダン、クウェート、キルギス、パキスタン、トルクメニスタン

<グループC>
サウジアラビア、イラン、ネパール、パレスチナ、アフガニスタン

<グループD>
UAE、イエメン、タジキスタン、スリランカ

<グループE>
シリア、ウズベキスタン、インド、バングラデシュ

<グループF>
オーストラリア、ミャンマー、チャイニーズ・タイペイ、香港

<グループG>
北朝鮮、タイ、カンボジア、フィリピン

<グループH>
韓国、インドネシア、東ティモール、ブルネイ

<グループI>
日本、マレーシア、ベトナム、マカオ

<グループJ>
中国、ラオス、シンガポール、モンゴル