ステッカーで見分ける「あまり近寄らないことをおススメする車の特徴」ランキング ワースト5

写真拡大

休日にドライブをしていると、最低でも1日に1台は「トンデモ運転をする車」に遭遇する。なるべくなら近寄りたくないが、狭い道ではそうもいかない。だが、遠くから注意して観察していると、だいたいそういった車には共通点がある。それは「ステッカー」を貼っているということだ。

普通のステッカーならオシャレで貼っていることもあるが、いままでの経験上、ヤバい車に貼ってあるステッカーには、とある共通点があった。

今回は、そんな「ヤバい車を見分けるステッカー鑑定術」をお伝えしたいと思う。そもそも運転がフラフラしていたり、どう見てもヤバい場合以外でも、ステッカーを見るだけで、ヤバイかヤバクナイかは判断可能。“ステッカーで見分ける、あまり近寄らないことをオススメする車の特徴ランキング” は以下のとおりだ。

5位:身体障害者マークを貼っているのに、なぜか飛ばしている車

気を使って道を譲ろうと思っていたのに、後ろから尋常じゃないスピードで追い抜かされたりすると「あっ(察し)」となる。あまり近寄らないことをオススメしたい。ヤカラ度50%

4位:初心者マークを何枚も貼って絵みたいにしている車

「ソレはそういう使い方じゃないだろ(笑)」と突っ込まれたいのかどうかは知らないが、初心者なのか、ふざけてやっているのか意図が不明なので、あまり近寄らないことをオススメする。ヤカラ度60%

3位:「積めるだけ」や「女子高生が食えるだけ」など、謎の最大積載量ステッカーを貼っているトラック

最大積載量表示ステッカーを貼る義務は無いが、何を積んでいるのか不明なので、あまり近寄らないことをオススメする。ヤカラ度70%

2位:「子供が乗っています」シールを貼りつつ、子供を車内でフリーダムにさせているミニバン

5位と一緒だが、気を使って道を譲ろうと思ってチラ見したら、「子供が窓から乗り出してたり、チャイルドシートに乗っていなかったりするミニバンだった」という場合は、マジのマジで危ないので近寄らないことをオススメする。ヤカラ度85%

1位:EXILEや浜崎あゆみのデカいステッカーを貼りつつ、LEDでピッカピカになってる軽ワゴン

あまりにラグジュアリーすぎるので、絶対に近寄らないことをオススメする。また、2位や5位との合わせ技になっていると確実にヤバい。ヤカラ度100%

執筆:なかの
Photo:Rocketnews24.