これなら彼も大満足。六本木ヒルズ恒例、イルミネーションとウイスキーの祭典
 クリスマスまで1ケ月を切り、イルミネーションが街を彩るシーズンになりました。キラキラと輝く光の中、彼と手をつないで歩いたら、それだけで気持ちはほっこり、ハッピーな気分になるもの……なんですが! 世の中には“ロマンチック”というものがまるでわからない男性も少なくありません。

「イルミネーション、見に行きたいな♪」なんて誘っても、「何しに?」と冷たく返され、がっかり……なんて経験をした人もいるのではないでしょうか。

 ならば、今年はそんな彼を「ウイスキー飲み比べできるらしいよ、ちょっと寄ってこうよ」の一言で、イルミネーションの名所・六本木ヒルズに誘い出してはいかがでしょうか?

◆『WHISKY HILLS 2014』で世界5大ウイスキーが1杯200円から愉しめる!

 六本木ヒルズではこの時期、けやき坂や毛利庭園など各所がライトアップされていますが、森タワー前の66プラザの高さ8mのツリーも見逃せません。円柱形のオブジェのようなツリーは、レースのような繊細な彫りがほどこされ、中から光が放たれ、ゆっくりと色が変わる幻想的な演出!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=165775

 実はこのツリー、今年で4回目となる『WHISKY HILLS 2014』というイベントのひとつ。光り輝くツリーを眺めつつ、屋外バーで世界のウイスキーを楽しむことができるんです。

 屋外バーとはいえ、メニューは本格的。日本の『響12年』、アメリカの『ジムビーム』、スコットランドの『ラフロイグ10年』に、カナダの『カナディアンクラブ』、アイルランドの『カネマラ』という「世界5大ウイスキー」などがそろい、1杯200円から愉しむことができます。

◆ほろ酔い気分でイルミ名所をお散歩しよう

 ウイスキーはちょっと苦手という女のコはハイボールにしてもいいし、アメリカのウイスキーはジンジャーエールやペプシで割れば、ぐっと飲みやすくなります。ホットウイスキーにすれば、寒さもへっちゃら。

 ツイッターかフェイスブックでイベント情報をシェアするともらえる、ピュアチョコレートはウイスキーとの相性もぴったりです。

『響12年』と『メーカーズマーク』がセットとなった「匠の技」など、テーマにそった3種類の飲み比べセット(各400円〜)は、お酒好きの彼もきっと楽しめるはず。

 また、クリスマスまでの期間中は、六本木ヒルズ内キャンペーン加盟店と連動企画も盛りだくさん。

 飲食店で『WHISKY HILLS 2014』の小冊子を見せると、ウイスキー最初の1杯が100円になるし、DIESELなどファッション系のお店では、3万円以上のお買い物で『響12年』のベビーボトルか『メーカーズマーク』ハーフボトルがもらえちゃうんです。

 イルミネーションとウイスキーでほろ酔い気分になったあとは、彼とディナーやショッピングを楽しむもよし。はたまた、約110万灯の光輝くけやき坂のイルミネーションの下をお散歩してもよし。お酒が少し入った彼は、いつになくロマンチックな気持ちになるかもしれませんよ。

「ワールド・ウイスキー&イルミネーション」
日時:12月14日(日)までの毎週金土日祝日、12月19日(金)〜25日(木)
時間:平日15時〜22時/土日12時〜22時、ツリーの点灯は17時
http://whiskyhills.jp/top.html

<TEXT/女子SPA!編集部 撮影/山田耕司>