武田修宏氏

写真拡大

3日放送のバラエティ番組「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、元サッカー日本代表の武田修宏氏がバブル時代の月収を明かした。

番組には、武田氏のほか、お笑いタレント・森脇健児らバブル全盛期に青春時代を過ごした出演者が「森脇世代」として登場し、当時のエピソードを披露した。

武田氏は当時を振り返り「(商品の)お金の値段とか見てないですね。もう全然、洋服の値段とか、当時は。だって月1,000万ぐらいでしたもん」と語った。

MCの近藤春菜が驚きながら「月1,000万洋服に使ってたんですか!?」と確認すると、武田氏は「月1,000万も給料もらってたから」と認め、スタジオの観客も驚きの声を上げた。

また、SMAP中居正広が「タクシー拾うにも10万円の束で」と話すと、森脇も「それに近いことはあったと思うよ」と認めていた。

【関連記事】
元WBCスーパーフライ級王者・徳山昌守氏、引退後に月収15万円の生活を送っていた
元フジテレビの長谷川豊アナが現在の月収を暴露
TBS「櫻井有吉のアブナイ夜会」で武田双雲氏の書道ビジネスの裏側に迫る 書道教室で月収約180万円