<ゴルフ日本シリーズ JTカップ 初日◇4日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 国内男子ツアーの最終戦「ゴルフ日本シリーズ JTカップ」が開幕。全選手がハーフターンを終え、4バーディ・ノーボギーでラウンドする小平智が4アンダーで首位に立った。1打差の3アンダー2位タイには松村道央とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が並ぶ。
 また、最終戦までもつれた賞金王争いだが、それも今大会で決着。その渦中にいる小田孔明、藤田寛之、近藤共弘の3人が2アンダーで並び4位タイにつけている。この最終戦でも一歩も引かない3人、賞金王争いから目が離せない。その他4位タイにはイ・サンヒ(韓国)がつける。
 1アンダー8位タイには宮本勝昌、武藤俊憲、宮里優作、金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)ら8人が並ぶ。イーブンパー16位タイには藤本佳則、竹谷佳孝、プラヤド・マークセン(タイ)、ジャン・ドンキュ(韓国)がつける。
 また、米国から帰国し国内で5連戦を戦い、今大会がその最終戦となる石川遼は1バーディ・2ボギーの1オーバーで20位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>