揺らぐ光とこけ玉のグリーンで癒しを演出  「torch(トーチ)」

写真拡大

緑化関連事業や建築関連の東邦レオ(大阪市)は、植物を利用した室内空間を提案するグリーンインテリアブランド「PIANTA×STANZA(ピアンタスタンツァ)」から、リビングやカフェ・レストラン向けの、こけ玉とLEDゆらぎライトを利用したボタニカルキャンドル「torch(トーチ)」を2014年12月5日より発売開始する。

季節の植物に癒しを感じる お手軽間接照明

毎日の忙しさにストレスを感じる人向けに、癒しを与えるために開発された。モチーフはアルコールランプで、ライトの光が貯水用タンクの水を通過することで、光を拡散させるため、ランプシェードのような明るさを放ち、間接照明としての役割を果たす。シェフレラ、コウモリランなどのこけ玉4種から選べ、給水用の水は部屋の加湿にも役立つため、特に乾燥する季節には好適品。横幅13cm×高さ約15cmのMサイズは1万4500円、横幅9cm×高さ約11cmのSサイズが1万2000円(いずれも税抜)。