写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪・西心斎橋に5日、全国のご当地うどんが集結するフードテーマパーク「大阪うどんミュージアム」がオープンする。

一般財団法人大阪うどんミュージアムが手掛ける「大阪うどんミュージアム」は、"美味しいうどん"をコンセプトに、全国のえりすぐりのおいしいうどんばかりを集めたフードテーマパーク。フードコート形式で、"江戸村のお祭り"をイメージした雰囲気となっている。

店舗は全9店。近畿地方からは 肉のうまみが凝縮された油かす入りの「かすうどん」(大阪)、濃厚なつゆに極太麺の「伊勢うどん」(三重)、京都丹波のしょうゆとかつお節、昆布で作った「京うどん」(京都)が出店。四国地方は、うどんの本場から、スジ肉ゴロゴロの「讃岐カレーうどん」(香川)、また、昆布だしが効いた「なるちゅるうどん」(徳島)が登場する。

関東地方からは、きのこづくしの「きのこうどん」(群馬)、幅約10cm、厚み2mmという変わった形状の麺が特徴の「ひもかわうどん」(群馬)、九州地方からは、甘辛く味付けした鶏肉だしの「かしわうどん」(福岡)が参戦。さらに、お土産ショップもオープンする。

また、2015年(時期未定)には、東京にも「東京うどんミュージアム」をオープンさせる予定で、現在、大阪うどんミュージアムの公式ホームページ上でうどん店を募集している。

「大阪うどんミュージアム」概要【所在地】大阪府大阪市中央区西心斎橋2-17-3(2階3階)【開店日】2014年12月5日11:00オープン【営業時間】11:00〜22:00(年中無休)