多摩市で建設中の住宅を狙った放火魔は現場に自らの名前を残していた

ざっくり言うと

  • 9月に東京都多摩市で建築中の住宅ばかりが相次いで放火された事件
  • 11月30日に逮捕された男は、犯行現場に自分の名前が入った物を残していた
  • ある現場では段ボール箱、商品、名前入りの納入書が見つかっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング