「ご飯釜のおひつ」

写真拡大

耐熱ガラス食器などを製造・販売する HARIO(ハリオ、東京都中央区)は、炊いたご飯をおいしく保存するための耐熱陶器製「ご飯釜のおひつ」を2014年12月3日に発売した。

ご飯を炊いた後は、おひつに移して水分調節が大事

2合分のご飯を保存できる。炊き上がったご飯を移し替えるだけで、陶器が余分な水分を吸収。水滴が中に入らないのでベタつかず、おいしいご飯になるという。

おひつまるごとを電子レンジで使えるので、冷蔵庫から出してそのまま温め直すことが可能。その際、陶器に吸収されていた水分が再び放出されるため、水を加えることなく、ふっくらとしたご飯に仕上がる。

形状は角型で浅めのシンプルなデザイン。しゃもじの形状に合わせた設計で、ご飯がすくいやすく、洗いやすくなっている。

価格は4860円(税込)。