『心が叫びたがってるんだ。』あの花スタッフ再集結の新作タイトル発表

写真拡大

秩父を舞台にしたアニメ作品『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが再集結して制作すると発表されていた新作劇場オリジナルアニメーション作品のタイトルが発表となった。

新作のタイトルは『心が叫びたがってるんだ。』。12月2日(火)から3日(水)に開催された、秩父神社の例大祭「秩父夜祭」のクライマックスにて、「あの花」のヒロイン・めんまの声優をつとめた茅野愛衣さんによって明らかにされた。

『あの花』監督の長井龍雪さん、脚本の岡田麿里さん、キャラクターデザインの田中将賀さんの3人は、アニメ史に残る名作との呼び声高い『とらドラ!』を制作したことでも知られており、「超平和バスターズ」と呼ばれるユニットを組んでいる。

舞台は再び埼玉県秩父市、そして青春群像劇


『あの花』は2011年に放映されたアニメ。舞台に秩父市が設定され、実際の風景や名所などが登場、今でも多くのアニメファンによって「聖地巡礼」が行われている作品として知られている。

また、秩父市とアニメも全面的にタッグを組み、作品放映以降も様々なタイアップやイベントが実現し、名実ともに秩父市の主要な観光コンテンツとしても「あの花」は親しまれている。2013年には、劇場版も公開された。

心が叫びたがってるんだ。』は、劇場版完全新作オリジナルアニメーション作品として、『あの花』スタッフによって秩父を舞台に描かれる第2弾となる。青春群像劇と銘打たれているだけに、『あの花』ファンにとってはたまらないものとなりそうだ。

めんま