屋台エリアも初登場♪関東最大500万球のLEDが点灯!「さがみ湖イルミリオン」

写真拡大

仕事帰りに楽しめる都心のイルミネーションも素敵だけど、圧倒的なスケールで広がる郊外のイルミネーションに包まれたら、幻想的な光の国を体感できるかも!

相模原市にある「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」で、11月1日(土)から2015年4月12日(日)まで開催される「さがみ湖イルミリオン」は、関東最大のイルミネーションイベント。6年目を迎える今年はLEDの数がついに500万球となり、関東最大規模に! 広さを生かした「光の花畑」や「光の海」など、一面の華やかさは格別。

11月15日(土)からは、クリスマスマーケットをイメージさせるような新エリア「イルミリオンカーニバル」も登場。カーニバルゲームが楽しめたり、特製のフードメニューを味わえたり、これまで鑑賞するだけだったイルミリオンに新しい魅力が加わることに。カーニバルゲームというのは、遊具をイルミネーションでキラキラと装飾したもので、例えて言うなら玉入れのようなゲーム。「ボールを投げて5投のうち3回入れば、景品(ホロスペックキーホルダーなど各種)ももらえますよ」と、広報担当の三浦さん。

飲食の屋台は4店舗あり、どれも個性的。ひとつはソーセージなどのグリル料理を中心に熱々のフードメニューを提供する店で、幅広いラインナップが魅力。ふたつめは、スープメニューや、グリューワインなどのアルコールメニューを中心に提供する店。このほか、ホテルメイドの良質なテイクアウトメニューを味わえる店や、ハワイで人気の揚げドーナッツ「マラサダ」の店など、バラエティも豊か。

また、注目は、この春誕生した巨大ブランコ「大空天国」のライトアップ。大空天国は、幻想的なイルミネーションの雰囲気の中で絶叫するというミスマッチ(?)も楽しめて、好評なんだとか。広々とした光の国で、イルミネーションを眺めたり、食べたり飲んだり叫んだり、夜も目いっぱい楽しもう!