衆議院選挙に「関心がある」 前回を12ポイント下回る結果に

ざっくり言うと

  • 読売新聞社の全国世論調査で、国民の衆院選への関心度が明らかになった
  • 「大いに関心がある」29%と「多少は関心がある」40%で合計69%に
  • 12年衆院選時の81%を12ポイントも下回っており、投票率低下が懸念される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング