手錠姿を見られたくないと傷害罪の被告が出廷拒否繰り返す 大阪地裁

ざっくり言うと

  • 傷害罪などに問われた被告が、3日の大阪地裁の初公判に出廷しなかった
  • 被告は「手錠姿を裁判官に見られたくない」と主張している
  • 2月に開かれる予定だった初公判から、出廷拒否が続いている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング