最多勝で賞金王を決めたい小田孔明!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ゴルフ日本シリーズ JTカップ 事前情報◇3日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 悲願の賞金王へ向け、残り1戦。小田孔明は「人頼みじゃないといいつつも、(賞金王の可能性を残す藤田、近藤、岩田の)3人以外には頑張って言っていますよ」と何が何でも勲章を勝ち取りたいと胸中を笑いながら語った。
最終戦への布石、藤田が孔明の心に刺したクギ
 とは言いつつも「今年最後のメジャーですし勝ちたいですよ。ショットはいい状態だから(初日は)5〜6アンダーくらいはいきたい」と自身を高ぶらせる強気の発言を忘れない。
 「ブリヂストンオープン」で賞金ランク1位を藤田から奪い返したときに「藤田さんは今シーズン3勝している。僕がこのまま逃げ切って賞金王になっても勝利数で負けたことになる」と最多勝で賞金王になるという理想を語っていた小田。その後の試合でも毎試合必勝宣言、“このまま逃げ切っても納得できない“という気持ちの表れだったのだろう。
 「パッティングは難しい。2〜3mのスライスラインも油断ができない」とグリーンの難度を警戒したが、「僕がスコアを落としてチャンスだと思わせるわけにはいかない。自分でスコアを伸ばしてプレッシャーをかけますよ」と初日から飛ばしていくと力強く宣言した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>