プログラミングで物語が分岐する『エンジニアでも恋がしたい!』登場―Ruby、Cなど計23言語に対応!

写真拡大

プログラミングでマンガのストーリーが変化するイベント『エンジニアでも恋がしたい!〜転職初日にぶつかった女の子が同僚だった件〜』が、12月3日から配信されています。

配信したのは、IT/WEBエンジニアに特化したプログラミング転職サイト『paiza』。オンラインハッカソン(プログラミングを集中的におこなうイベント)の第4弾として実施しています。

【関連:プログラマーが嫌う「創業当時からの秘伝のソース」って?】

エンジニアでも恋がしたい!〜転職初日にぶつかった女の子が同僚だった件〜

オンライン上で出題される複数のプログラミング問題に挑戦し、その成否によりストーリーが分岐していくそうです。
物語は、主人公のITエンジニア秋山亮介(28歳)が、転職初日の朝、通勤中に転職先の同僚である野田さんとぶつかってしまうところから始まります。最初はただの同僚だったけど、仕事であるプログラミングを通じて、徐々に交流を深めていく2人。ストーリーと結末は、出題されるプログラミング問題の解答結果によって変わります。

エンジニアでも恋がしたい!〜転職初日にぶつかった女の子が同僚だった件〜

対応言語はC、C++、C#、Objective-C、Java、Perlなど計23言語。
イベント参加は無料で、誰でも何回でも挑戦できるそうです。

なお、抽選で1名にRaspberry-Pi(Linuxマイコンボード)、3名にねるねるねるね10個入り1ダースがプレゼントされるそうです。期間は1月7日23:59まで。

【対応言語】
C、C++、C#、Objective-C、Java、Perl、Python(2.x系)、Python(3.x系)、Ruby、PHP、Scala、Go、Haskell、Erlang、Bash、R、JavaScript、CoffeeScript、Cobol、VB、F#、Clojure、D
計23言語