盛り上がる「eスポーツ」、2015年には英国にも専用競技場がオープン予定

写真拡大

英国のGfinity社は、エレクトロニック・スポーツ(eSports)専用競技場の開設を目指して、300万ポンド(約5.6億円)を調達しようとしている。建設されれば、世界で3番目になるというアリーナだ。

「盛り上がる「eスポーツ」、2015年には英国にも専用競技場がオープン予定」の写真・リンク付きの記事はこちら

あまり一般には知られていない「エレクトロニック・スポーツ」(eスポーツ、eSports)が、英国で急拡大の兆しを見せ始めている。同国初となる、ハイレヴェルなヴィデオゲーム専用競技場(アリーナ)の建設計画が発表された。

(関連記事)「eスポーツ」界で女性プレイヤーが少ない理由

この計画発表は、英国のGfinity社が予定している、株式市場上場に向けての動きの一環だ。企業価値1,300万ポンド(約24億円)とされているGfinity社は、1度に500人の観客を収容できる新アリーナ建設のために、300万ポンド(5.6億円)の資金を調達しようとしている。

Gfinity社創設者のネヴィル・アプトンは「City A.M」の記事において、「今回の資金を使って英国初のeSports専用アリーナを建設し、定期的に競技会を開催する」と述べる。「eSportsの大規模なアリーナは現在世界に2カ所、つまり、米国の『Major League Gaming』とドイツの『eSports League』しかない。今回の資金は、われわれが彼らに匹敵する規模に成長するのに十分な力を与えてくれるだろうし、われわれが開催する競技会の評判を高めてくれるものと期待している」


TAG

BusinessEsportsGameWiredUK

eSportsは人気上昇中で、しかも魅力的なマーケットになりつつある。2014年6月に行われた「DOTA 2」世界大会では、1,000万ドルという賞金が提供され、Gfinity社自身も初のアリーナイヴェントを行い、参加者4,000人を集めた。

(関連記事)米国の大学、eスポーツ奨学金開始

さらにアプトン氏によると、Gfinity社の現在の形式でも、同社のオンライン・ハブには「Call of Duty(コール オブ デューティ)」「League of Legends」「Starcraft II(スタークラフト2)」といったゲームで競うプロプレイヤーたち270,000人以上が登録しており、毎月およそ30,000人の登録視聴者がいるという。

Gfinity社は、計画しているアリーナの場所やオープニング予定日の詳細を明らかにしておらず、株式の新規公開(IPO)の時期も不明だが、来年には事業を拡大する計画を発表している。その計画には、大規模なオフライン・イヴェントを30回開催すること、プロゲーマーが参加できるゲームの数を増やすこと、賞金額を500,000ドルにすることなどが含まれている。

TAG

BusinessEsportsGameWiredUK