「井上陽水 - SAKURAドロップス」キャプチャ

写真拡大

歌手の宇多田ヒカルさんのデビュー15周年を記念して、12月9日(火)にリリースされるソングカバーアルバム『宇多田ヒカルのうた−13組の音楽家による13の解釈について−』から、4曲のiTunes先行配信が開始した。

配信されているのは、井上陽水さんの「SAKURAドロップス」、椎名林檎さんの「Letters」、AIさんの「FINAL DISTANCE」、KIRINJIの「Keep Tryin’」の4曲。YouTubeでは、楽曲の一部を視聴することができる。

さらに本作の企画として、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ3作の映像を編集して制作された「Beautiful World」のMVも公開。作中には初公開となるカットが挿入されている。











自由に宇多田ヒカルの楽曲を表現


『宇多田ヒカルのうた−13組の音楽家による13の解釈について−』

『宇多田ヒカルのうた−13組の音楽家による13の解釈について−』



2014年でデビューから15年目を迎えた宇多田さん。

今回のオフィシャルアルバムは、「自らがソングライターとして第一線で活躍されているアーテ­ィストに限定して、自由に宇多田ヒカルの楽曲を表現してもらおう」というコンセプトだけあって、先行して公開された楽曲は、アーティストの個性が光る作品に仕上がっている。

12月3日(水)には収録曲が発表され、どのアーティストがどの楽曲をカバーするのかが明らかに。特設Webサイトでは、各アーティストごとのコメントが公開されている。