オックスフォード大学でエイズウイルスめぐる新事実が発覚

ざっくり言うと

  • オックスフォード大学でエイズウイルスの変異に関する発見があったという
  • エイズウイルスの致死率と感染率が低いものに変異していくというもの
  • 最終的に「ほとんど害のないもの」になるかもしれないと予測する学者もいる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング