写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の古田新太が、ファッションブランド「SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)」のイメージビジュアルに起用され、女装姿を披露したことが2日、明らかになった。

「SENSE OF PLACE」は、「THE WORLD STANDARD FASHION」をブランドコンセプトに展開する、アーバンリサーチのファストファッションブランド。立ち上げから1周年を迎える今春のイメージビジュアルに、舞台や映画、ドラマなど多岐にわたって活躍している俳優・古田新太を起用した。

ビジュアルは全4パターン。来年春のキーとなるパウダーカラーのアイテムでまとめ、撮影はアメリカやヨーロッパを中心に活躍しているフォトグラファー・ANGELO PENNETTAが担当。古田はメンズファッションのみならず、「男女の隔てなく、知的なインパクトを与えたい」というコンセプトに合わせてレディスファッションにも挑戦した。

女装をすることになったと聞き、「これはドッキリに違いない…」と疑惑を抱いていたという古田。現場でも「いつになったらパネルを持った人が現れるんだろう」と"ネタばらし"の瞬間を想像しながら撮影に臨み、完成したイメージビジュアルを見た時に、ようやく「これはドッキリじゃない」と実感できたという。

イメージビジュアルは、2日にオープンした同ブランドのキャンペーンサイト上のほか、東京メトロ丸ノ内線と北大阪急行電鉄(地下鉄御堂筋線に直通)でも期間限定で公開される(東京メトロ丸ノ内線:12月3日〜9日 北大阪急行電鉄:12月3日〜7日)。