12月2日、“ぱるる”ことAKBの島崎遥香(20)とタレントの志村けん(64)が都内で行なわれた『映画妖怪ウォッチ 誕生のひみつだニャン!』の公開アフレコイベントにゲスト声優として出席した。ファンへの対応が素っ気なく見えることからしばしば“塩対応”と評される島崎は、同席した人気キャラクター・シバニャンにもその姿勢を貫き、会場の笑いを誘った。

 どこからか島崎が自分を好きだという情報を仕入れたシバニャン。「オレっちのこと好きって聞いたけど、ほんとニャン?」と本人に確認を取ったところ、島崎は「本当ですか?そんな情報どこから?弟は好きです」とさらりと答えた。まさかの返事にショックを受けたシバニャンが再度「今日でオレっちのこと好きになったニャン?」と問いかけるも、島崎の返答は「ちょっと」。さすがの“塩対応”にも「私は本当は塩対応じゃないので、妖怪のせいだと思います」と笑顔で話した。

 また、志村は持ちネタに絡め「そうです、私が変な妖怪です」と陽気にアピール。元ネタ“変なおじさん”の由来を問う質問に「これは自分の趣味。好きな女の子の笛とかなめたかったでしょ?」と答え、シバニャンを困惑させていた。

(撮影/小山伸正)