「オードリーのオールナイトニッポン」(画像は公式サイトのスクリーンショット)/(C)2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

11月29日(土)に放送されたラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」にて、人気お笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんが相方の春日俊彰さんを痛烈にディス(批判)るラップを披露。

そのドープなトラックにマッチしすぎたフロウやリリックから、若林さんのラッパーとしてのポテンシャルに大きな注目が集まっている。



その頭に打っとけステロイド


今回のトラックを提供しているのは、元妄走族の般若さんや韻踏合組合などの楽曲も手がけるYuto.comさん。また、若林さんにラップのアドバイスを行い、ラップでも参加しているのは、お笑いコンビ・ゴンゴールの氏原真一さんだ。氏原さんは、「ENSHU」という名義でラッパーとして活動していた過去を持っている。

HIPHOPシーンで活躍している2人がサポートしているだけに、その作品は予想以上にクオリティの高いものに仕上がっていた。

若林さんは、氏原さんの「(自分にとって)リアルなテーマじゃなきゃダメですよ」というアドバイスを受け、「おい楽屋ですんなよスクワット その頭に打っとけステロイド」、「矛盾だらけのあなたに言いたい ピンじゃ全然ボケない」などと、常に身近にいる彼ならではのリリックを叩きつけた。

YouTubeに投稿された動画には、「かっこいい」、「ドープすぎる」と絶賛の声が多く寄せられている。番組内では春日さんも「素晴らしい完成度」と賞賛していた。