電通、マツコ・デラックスモデルの等身大アンドロイド『マツコロイド』を開発

写真拡大

株式会社電通と子会社の株式会社電通テックは、デジタルテクノロジーを駆使した新しいノンヒューマン・タレント開発事業『デジタレ』の始動を12月2日に発表した。

また、『デジタレ』事業の第1弾として、株式会社エーラボおよび株式会社ナチュラルエイトとの共同で、タレントのマツコ・デラックスさんをモデルにした等身大アンドロイドタレント『マツコロイド』を開発したことも発表している。

【関連:初音ミクレーシングカーの変形ロボ登場】

マツコ・デラックスさん本人

『マツコロイド』は、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学の石黒浩教授(株式会社エーラボ技術顧問)の監修のもと誕生。
石黒教授は人間が創り得る究極のコミュニケーションメディアを目指し、アンドロイド開発を行っている。

『マツコロイド』も、マツコ・デラックスさん本人の忠実なアンドロイドを目指して、頭からつま先にいたる全身を型取りし、表情やしぐさ、癖なども研究した上でリアルに再現。まさに最新鋭のアンドロイド技術を応用したアンドロイドタレントになっている。
今後、アンドロイドタレントとしてデビューした後、番組出演にとどまらず、イベントやCMでの出演など多方面での活動を精力的に行っていくという。

※画像はマツコ・デラックスさん本人です。