1年を通じて感じる不調

写真拡大 (全5枚)

 ライオンは、20〜40代の女性を対象に、生理と頭痛に関する意識調査を実施し、結果を公開した。

 20〜40代女性に「1年を通じて感じる不調」を聞いたところ、1位「肩や首がこる(50%)」、2位「手足が冷える(35%)」、3位「頭痛(32%)」だった。

 そこで次に、「1年を通じて頭痛を感じる」と答えた人に、生理前後に頭痛を感じたことがあるか聞いたところ、約8割の人が、生理前後に頭痛を感じたことがあるということがわかった。更に、「生理前後に頭痛を感じている」と答えた女性にその原因を聞いたところ、6割以上が「ストレス」「疲れ」と回答した。次に「運動不足」「睡眠不足」「体質的なもの」が4割弱で同数となり、「生理周期」と挙げた人は約3割だった。

 「生理の前後に頭痛を感じたことがある」女性を対象に、頭痛の対処法を聞いたところ、1位「市販の薬(解熱鎮痛薬)を使う(56%)」、2位「睡眠時間・休息を増やす(37%)」、3位「身体を温める(18%)」という結果となった。また、解熱鎮痛薬を服用するタイミングは、1位「痛みを感じ始めたとき(47%)」、2位「我慢できないくらい痛くなってから(29%)」、3位「我慢できるくらいの痛みのとき(16%)」となり、半数近くの人が、痛みが強くなってから服用しているのがわかった。