写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電通と電通テックは12月2日、デジタルテクノロジーを活用した新しいノンヒューマン・タレント開発事業「デジタレ」を始動させると発表した。

同事業は、エンターテインメント業界において、映像や音楽などの分野でアーティストやタレントが自身をコンテンツと見なして活用している流れを受け、アンドロイドタレントのようなコンテンツ開発のニーズが今後高まっていくのではないかという発想のもと開始されたもの。

第1弾としてはエーラボおよびナチュラルエイトの協力のもと、エーラボの技術顧問で、国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 石黒浩特別研究所所長(客員) 兼 大阪大学特別教授の石黒浩氏が監修する形で、タレントのマツコ・デラックス氏をモデルにした等身大アンドロイドタレント「マツコロイド」が開発された。

なお、「マツコロイド」は、マツコ・デラックス氏本人の忠実なアンドロイドを目指し、頭からつま先にいたる全身を型取りし、表情やしぐさ、癖なども研究することでリアルに本人を再現することを目指して作られており、アンドロイドタレントとしてデビューした後、番組出演のほか、イベントやCMでの出演など多方面での活動を精力的に行っていく予定としている。