レッツG(パールフィズピンク)

写真拡大

スズキは2014年12月11日、50ccの原付一種スクーター、新型「レッツG」を発売する。メーカー希望小売価格は15万4440円。

メッキに合わせてシルバーホイールを採用

1996年の発売以来、軽さと扱いやすさが好評のスクーターロングセラー「レッツ」シリーズの全面改良モデル。

従来の「レッツ」シリーズの特徴はそのままに、新開発のフューエルインジェクションシステム(燃料噴射装置)を採用した新設計エンジンを搭載し、1リットルあたり54.8キロの燃費を実現した。また、ガソリンタンク容量を従来モデル「レッツ4」の4.5リットルから4.8リットルに増量し、航続距離を延ばした。

このほか、シート下トランクスペースやフロントインナーラック、スタンドグリップなどの使い勝手の良い装備を多数取り入れ、日常生活の足としてのスクーターに相応しい実用性を高めた。

デザイン面では丸型ヘッドライトを装備するほか、ミラー、グリップエンド、リヤグリップにメッキ処理を施し、メッキに合わせてシルバーホイールを採用した。フロント部分と両側面には車名の入ったエンブレムを張り付け、シートにはパイピングを施した。

車体色は、ピンク「パールフィズピンク」、茶「グラスミッドナイトブラウン」、シルバー「ミスティックシルバーメタリック」、白「パールミラージュホワイト」の4種類。

U字ロックホルダー付きリヤキャリアを装備することでより実用性を高めた、ベーシック仕様の新型「レッツ」も15年3月13日に発売。メーカー希望小売価格は14万3640円。