【12/17開催】起業家・クリエイターとこれからの「働く」を考える「Rethink Work」:バスキュール西村真里子・VC佐俣アンリ登壇

写真拡大

デジタルテクノロジーの発展によって、ぼくらの「働き方」はどう変わっていくのか。独立系ヴェンチャーキャピタルファンド「ANRI」創業者の佐俣アンリと、デジタルクリエイティヴ集団「バスキュール」プロデューサーの西村真里子をゲストに招き、「Tokyo Work Design Week 2014」オーガナイザーの横石崇と弊誌編集長の若林恵を交えた4人でトークセッションを開催する。


「【12/17開催】起業家・クリエイターとこれからの「働く」を考える「Rethink Work」:バスキュール西村真里子・VC佐俣アンリ登壇」の写真・リンク付きの記事はこちら

いま、デジタルテクノロジーによって人々のライフスタイルは劇的に変化している。食、働き方、健康、政治、結婚、住まいなど、ぼくらの生活のなかには、まだ“Rethink”されるべきものがたくさんある。

10月27日に行った第1回「Rethink_Project」のトークイヴェントでは、デジタルテクノロジーによって変化を遂げつつある「ファッション」に注目した。当日の参加者アンケートで、「次にRethinkしたいテーマ」として「働き方」を希望する声が最も多かった。そこで、12月17日(水)に開催する第2回のテーマは「Rethink Work」に決まった。

起業家やクリエイターの働き方から、
これからの「働く」を考えるイヴェント「Rethink Work」

開催日時
12月17日(水) 20:00〜22:30(19:40開場)

参加費
無料

お申し込みはこちらから

独立系ヴェンチャーキャピタルファンド「ANRI」創業者の佐俣アンリと、デジタルクリエイティヴ集団「バスキュール」プロデューサーの西村真里子をゲストに招き、「Tokyo Work Design Week 2014」オーガナイザーの横石崇と弊誌編集長の若林恵を交えた4人でトークセッションを行う。

WIREDは、以前から新しい働き方に注目してきた。2013年3月10日に発売した本誌VOL.7で、「未来の会社-これからの「働く」を考える」という特集を掲載するなど、従来の形態に縛られない新しいワークスタイルの可能性を探ってきた。

特集「未来の会社-これからの「働く」を考える」

『WIRED』VOL.7発売に寄せて──これからの「働く」を考える
メールも上司もいらない!? 未来の企業のための新ルール15
シリコンヴァレーで大人気の空間設計事務所のデザイナーが語る、21世紀のオフィス
シリコンヴァレー系 「ひらめくオフィス」のつくりかた:Studio O+Aの空間デザイン
21世紀のナレッジワーカーの常識。「BYOD」と「ワーカー・アプリ」
仕事の悩みをスマホで解決! 2013年注目のワーカー・アプリ15
注目の社会起業家8組が語る「成功」の定義

2014年も終わりが近づき、1年間の仕事を振り返るころ、先進的な働き方を実践する起業家やクリエイターのアイデアを聞いて、来年以降の「働き方」について”Rethink”してみよう。

Rethink Work トークイヴェント supported by WIRED

お申し込みはこちらから

開催日時
12月17日(水) 20:00〜22:30(19:40開場)

会場
HOTEL EMANON(ホテル エマノン)
東京都渋谷区南平台町7-1

参加費
無料
※軽食とドリンクをご用意しています

定員
50名(応募者多数の場合、抽選)

応募締切
12月10日(水)10:00

対象者
20歳以上の方
※会場内は電子タバコ(ヴェイパー)が使用可能になっております。

タイムスケジュール
19:40 開場
20:00〜21:15 登壇者同士によるトークセッション
21:15〜21:30 休憩、「Ploom」体験
21:30〜22:00 Q&Aトークセッション
22:00〜22:30 懇親会

登壇者
佐俣アンリ | ANRI SAMATA
ANRI General Partner。1984年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後リクルートに入社、モバイルコンテンツ・ソーシャルゲームの新規事業立ち上げに携わる。クロノスファンド/EastVenturesにてFreakOut(2014年マザーズ上場)、CAMFIREの投資と事業立ち上げを行う。また個人としてRaksulやスマポ(2013年楽天に売却)の立ちあげを支援する。2012年ANRI設立、独立系ベンチャーキャピタルとして23社に投資実行し、事業立ち上げを行っている。現在20億円規模のファンドを運営中。主な投資支援先としてRaksul、Coiney、CrowdWorks(2014年マザーズ上場)、MERY(2014年DeNAに売却)、UUUM、Schooがある。

西村真里子 | MARIKO NISHIMURA
最高峰のコミュニケーション企画力を武器に、チャレンジを続ける「バスキュール」のプロデューサー。IBM、Adobe、Grouponを経て現職。プロデュースプロジェクト「BLOODY TUBE」はカンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバル2014にて金賞受賞。最新作はYahoo! JAPANトップで世界初タケコプター試乗体験をPC、スマホ連携ダブルスクリーンで実施。 Web/インターネットのインタラクティビティと変革を起こし続けるテクノロジーの進化に魅了され続けている。

横石崇 | TAKASHI YOKOISHI
ベンチ取締役。1978年生まれ。多摩美術大学卒。コミュニケーションクリエーター。雑誌・新聞・テレビなどの媒体社と共に、インターネット領域におけるメディアプラットフォーム事業の立ち上げ/経営/ビジネス開発/運営経験を持つ。2014年11月19日から7日間に渡って開催された”働き方の祭典”こと「Tokyo Work Design Week 2014」オーガナイザー。

若林 恵(日本版『WIRED』編集長)

主催:Rethink_Project 事務局

特別協賛:Ploom

注意事項
●ご記入いただきましたご住所やEメールアドレスなどは、コンデナスト・ジャパンからの事務連絡に使わせていただきます。それ以外に、コンデナスト・ジャパンおよび当イベヴェントの協賛社より製品やサーヴィス、イヴェント、展示会、刊行物等の各種ご案内をお送りする場合がございます。
●当日の模様は、WIRED本誌および、ウェブサイト、デジタルマガジン、SNSなどで掲載される可能性があるほか、コンデナスト・ジャパンの広報活動(テレビ局、新聞社、ニュースサイト等の取材・情報提供を含む)で使用される場合がございます。
●弊社の個人情報取り扱いにつきましては、下記ウェブサイトに記載の個人情報保護方針・プライヴァシーポリシーをご覧ください。http://corp.condenast.jp/statement/privacy/タバコを”Rethink”するスタートアップ「Ploom」

前回に引き続き、本イヴェントは、「Ploom」がサポートしている。

Ploomの共同設立者であるジェイムズ・モンセースと、アダム・ボウエンは、スタンフォード大学でともにデザインを学んでいた。同じプロジェクトに携わることが多かった2人は、お互いに喫煙者だったために、長時間にわたるブレインストーミングをニコチン補充のために何度も中断しなければならなかったという。校内は禁煙のため、わざわざ校舎の外に出てタバコを吸っていたそうだ。

彼らはその不便さや、タバコがかっこ悪いイメージになりつつある現代の風潮について考えるようになったという。そこで思いついたのが「タバコを再定義する(Rethink Tobacco)」ことで、それから生まれたのが、Ploomだ。

Ploomは通常のタバコとは異なり、煙ではなくVapor(ベイパー)を楽しむ新しいたばこのスタイルを提案する商品であり、いまでは、米国で「タバコのiPod」と呼ばれるまでに評価され、浸透している。「Rethink」という共通のキーワードを持ち、Rethink_Projectの取り組みに対する深い共感から、本イヴェントにはPloomが特別協賛することになった。