(C)2010 熊本県くまモン

写真拡大

模型メーカーのタミヤ(静岡市)は、「1/10電動RC(ラジオコントロール)カーシリーズ」の新製品「RCトラクター・くまモンバージョン」の組立てキットを2014年12月13日に、完成品フルセットを12月20日に発売する。

ウイリー走行が楽しめる後輪駆動「WR-02G」シャーシ

熊本県のマスコットキャラクターとして人気の「くまモン」が乗った電動RCカー。丸みを帯びたノーズが個性的な農業用トラクターに「くまモン」の人形が搭乗するデザインを採用した。

長いボンネットや車体後部の運転席、大径のリヤタイヤを覆うフェンダーなど、クラシカルなスタイルのトラクターボディーは、軽くて丈夫なポリカーボネート製。ハンドルを握って運転席に乗った「くまモン」人形は、塗装済みの完成状態でセットした。ボディーに張るくまモンのイラストのほか、熊本県の特産品トマトやスイカのイラストなどはステッカーで用意している。前後で直径の異なるタイヤはレッドカラーのホイールに装着するなど、足もとも「くまモン」のカラーリングイメージでまとめた。

シャーシは後輪駆動の「WR-02G」で、サイズは全長345×全幅253×全高235ミリ。モノコックフレームのほぼセンターにモーターを搭載し、ギヤで後輪にパワーを伝達。走行用バッテリーを車体後部に縦置きする重量配分により、急発進するだけでダイナミックなウイリー走行が行える。

価格は、組立てキットが1万6200円、完成品フルセットが3万24円(いずれも税込み)。組立てキットは、プロポなどのRC装置、走行用バッテリー、充電器が別売り。フルセットでは、車体の組み立て、RCメカの搭載、ボディー塗装、ステッカー張り付けなどが完成状態となっている。