省エネと耐震性を両立した

写真拡大

日立アプライアンス(東京都港区)は、ウレタン発泡充てん断熱構造の貯湯ユニット「ウレタンク」を採用した家庭用エコキュート53機種を、2014年12月10日より順次発売する。

省エネ性・耐震性アップ

ウレタン発泡充てん断熱構造により、貯湯ユニットの保温効率を向上させ、当社従来製品と比較して省エネ性をアップ。貯湯容量区分「550リットル以上」の年間給湯保温効率で、において、省エネナンバーワンとなる年間給湯保温効率(JIS)3.1を達成している。年間給湯保温効率は、日本工業規格(JIS)に基づき、給湯機を運転したときの単位消費電力量当たりの給湯熱量及び保温熱量を表したもの。

新製品53機種においては、ウレタン発泡充てん断熱構造による貯湯ユニットの剛性もアップ。貯湯容量460Lと370Lの機種では、耐震クラスSという最高レベルを達成し、同560Lの機種は耐震クラスAに対応した。

「ナイアガラ出湯」シリーズでは、水道水を瞬間的に沸き上げ、水道圧を利用し給湯する、当社独自の「水道直圧給湯」方式を従来製品から引き続き採用。井戸水対応タイプは、同方式を応用した独自構造により、井戸水をはじめ硬度が高い水の使用も可能にした。また寒冷地向けタイプは最低外気温マイナス25度℃まで対応できる。