【調査】今年のカラオケシーンは『アナ雪』が席巻!ボカロ曲配信は4000曲突破

写真拡大

株式会社エクシングは、12月1日、業務用通信カラオケ『JOYSOUND』シリーズ、および『UGA』シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計した『2014年JOYSOUND年間ランキング』を発表した。

【関連:2014年人気秋アニメランキング―1位は『七つの大罪』】

2014年JOYSOUND年間ランキング

今年最も歌われた歌は、映画『アナと雪の女王』のヒットと共に社会現象とも言えるブームを巻き起こした松たか子の「Let It Go〜ありのままで〜」。今年4月に初登場1位を獲得して以来、33週連続で週間ランキングのトップを独走している。同作からは本楽曲を筆頭に「とびら開けて」「雪だるまつくろう」「生まれてはじめて」といった関連曲が複数ランクインを果たしており、まさに今年のカラオケシーンを席巻する結果になっている。
また、アニメソングのみに絞ったランキングでは、2013年まで7年連続で首位を独占してきた『新世紀エヴァンゲリオン』の「残酷な天使のテーゼ」をおさえてのトップという大快挙を遂げた。

その他に、今年業界最多となる4000曲の配信を突破したVOCALOID楽曲においては、30代、40代からも支持を集めた「千本桜」が3年連続で首位を獲得。「千本桜」「脳漿炸裂ガール」をはじめ、オリジナル映像で歌えるカラオケが高い人気を集めている。

詳細については以下の通り。

■カラオケ総合ランキング

1:Let It Go〜ありのままで〜(松たか子)
2:恋するフォーチュンクッキー(AKB48)
3:千本桜(WhiteFlame feat.初音ミク)
4:残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)
5:ハナミズキ(一青窈)
6:女々しくて(ゴールデンボンバー)
7:小さな恋のうた(MONGOL800)
8:奏(かなで)(スキマスイッチ)
9:栄光の架橋(ゆず)
10:RPG(SEKAI NO OWARI)

■アニメ/特撮/ゲームランキング

1:Let It Go〜ありのままで〜(アナと雪の女王/松たか子)
2:残酷な天使のテーゼ(新世紀エヴァンゲリオン/高橋洋子)
3:RPG(映画クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!:SEKAI NO OWARI)
4:紅蓮の弓矢(進撃の巨人/Linked Horizon)
5:君の知らない物語(化物語/supercell)
6:生まれてはじめて(アナと雪の女王/神田沙也加、松たか子)
7:とびら開けて(アナと雪の女王/神田沙也加、津田英佑)
8:雪だるまつくろう(アナと雪の女王/神田沙也加、稲葉菜月、諸星すみれ)
9:ようかい体操第一(妖怪ウォッチ/Dream5)
10:ライオン(マクロスF/May’n/中島愛)

■VOCALOIDランキング

1:千本桜(WhiteFlame feat.初音ミク)
2:脳漿炸裂ガール(れるりり feat.初音ミク、GUMI)
3:天ノ弱(164 feat.GUMI)
4:マトリョシカ(ハチ feat.初音ミク、GUMI)
5:六兆年と一夜物語(kemu)
6:カゲロウデイズ(じん feat.初音ミク)
7:いーあるふぁんくらぶ(みきとP feat.GUMI、鏡音リン)
8:ロストワンの号哭(Neru)
9:からくりピエロ(40mP feat.初音ミク)
10:メランコリック(Junky feat.鏡音リン)

株式会社エクシング調べ