ソニー新規事業チームのもとで開発:電子ペーパーウォッチ「FES Watch」

写真拡大

ソニーが自社の名前を隠して製品開発を進めていたとされる新規事業プロジェクトチーム「Fashion Entertainment」。彼らがクラウドファンディングサイトで発表した電子ペーパーウォッチ「FES Watch」は、文字盤やストラップの柄をワンタッチで変えることができる。

「ソニー新規事業チームのもとで開発:電子ペーパーウォッチ「FES Watch」」の写真・リンク付きの記事はこちら

『Wall Street Journal』紙は11月28日付けで、ソニーが密かにスマートウォッチ・プロジェクトに取り組んでいることがわかったと報じた。「Fashion Entertainment(FES)」の名のもと、電子ペーパーウォッチをウェアラブル製品分野に投入したというのだ(※)。

このプロジェクトは、2014年9月8日〜9月26日にクラウドファンディング・サイト「Makuake」に掲載され、140人のサポーターを集めて、目標とする200万円を超えることに成功した。その後、好評につき、19,800円で支援する別ページを立ち上げ、現在までに341万円を集めている。

同プロジェクトの関係者はWall Street Journal紙に対して、「ソニーとの関わりを隠したのは、われわれのコンセプトに対する需要があるのかどうか、この製品の本当の価値を試したかったからだ」と語った。

※WIRED.jpからの問い合わせに対して、ソニーの広報からは「ソニーの新規事業創出部のもと、Fashion Entertainments(FES)という新規事業プロジェクトチームが電子ペーパーを活用した腕時計などの製品開発を進めて」おり、「FESプロジェクトでは、FES Watchという名称で柄が変わる文字盤ベルト一体型の電子ペーパーウォッチの製品開発を進めている」との回答が得られた。


TAG

DesignEPaperSmartwatchSonyVideoWiredUK

このウォッチは非常にスリムな外観に仕上がっている。また、電子ペーパーを使うことで、現在市販されている既存のスマートウォッチに見られる問題を解消している。その問題とは、サイズが大きく、かさばるということと、バッテリー寿命の短さだ。FESの電池寿命は60日だという。

デザインの電子ペーパー要素は文字盤だけにとどまっているわけではなく、ストラップ部分にも及んでいる。このため、文字盤とストラップの組み合わせは26種類に上る。スリムでミニマムなデザインで、次世代の「Swatch Skin」のような仕上がりとなっている。

当然ながら欠点は、このウォッチが厳密には「スマート」ではないということだ。インターネット接続のデヴァイスではなく、外部接続機能などは備えていない。単なる時間計測のアイテムなのだ。だが、最新の技術と素材でつくられている。

このウォッチを制作したチームは、蝶ネクタイなど、他の電子ペーパー製品にも取り組んでいる(以下の動画)。電子ペーパーを新しい種類の素材として再定義することを目指しているのだ。

このウォッチがいつ発売されるのかは明らかになっていない。だが、クラウドファンディング・キャンペーンに投資した人たちには、2015年5月以降に製品が届くと伝えられている。

TAG

DesignEPaperSmartwatchSonyVideoWiredUK