芸能界のアテンド王が教える…

写真拡大

「叩けよ、されば開かれん」――聖書の言葉を「はじめなければ結果は出ない」と受け取る方も多いかもしれない。でも実は、夜遅くにパンを分けてほしい、泊めてほしいと戸を叩いても居留守を使われるか、もう遅いから明日にしてくれと断られるに違いない。それでもしつこくガムシャラに叩け、そうすれば相手が根負けしてそれが手に入れられる、といった内容だそうだ。つまり、何かを達成するには、強い想い、情熱を持てということだ。寒さが体にしみる師走に、恋人がほしいと思っている独身男女におすすめの3冊を紹介しよう。ガムシャラに本でも何でも参考にしては?

J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http://www.j-cast.com/bookwatch/)でも特集記事を公開中。

この店の予約がとれたらモテル

『芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒』(1404円、文藝春秋)は、テレビで活躍するお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建さんが年間500軒以上食べ歩いた上で、ここなら間違いないと納得したお店を紹介するグルメうんちく本である。

シチュエーション別になっているので、今回のテーマ「デート」で利用するならば、まずは「男女でワイワイ店」からはじめて、次は「二人で行きたい店」、さらに「サプライズ店」「深夜に美味しい店」へとステップアップできるといいかもしれない。ゆめゆめ「一人めしのとっておき店」ばかり参考にしないようにしたいものだ。

各章の結びには「この店の予約がとれたらモテル」という、目的そのものずばりのコーナーもある(予約が取りにくい店を予約する裏技が紹介されていたら文句なしにこの本に「3つ星」評価を与えたいけれど、さすがにそこまではなし)。

「50か所のかくし包丁を入れた寿司」「世界遺産のオムレツ」「男も女も鉄板の鉄板フレンチ」など、見出しと写真を見るだけでも楽しい本だ。

そもそも男と女はうまくコミュニケーションがとれない?

「すごいねとほめられるのと、さすがだねとかんしんされるのとどちらがうれしい?」
「異性からのアプローチ。ストレートに告白されるのと、思わせぶりではどちらがググッとくる?」
「ことわざの『石の上にも3年』と『案ずるより産むがやすし』、どちらが好き?」

これらのクエスチョンに対して、前者後者あなたはどちらを選ぶだろう?

ちなみに前者を多く選ぶのが「男性」なのだそう。

世の中には男勝りの女性もいれば、細やかな心遣いができる女性らしい男性もいる。男と女を、性別でとらえるのでなく、コミュニケーションの方法でとらえ解説するのが『察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方』(著・五百田達成、1404円、ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

まずは本書のチェックリストで自分が男型か女型かを確認するところから始めよう。

「ひとくち男女語会話」というシチュエーションにあわせたフレーズも紹介され、実践的。自分とは違う考え方をする人に、どう接するかが学べるので、デートだけでなく、ビジネスのスキルアップにもつながる本だ。

たった3秒で「ステキ」と思わせるテクを伝授

男は「中身」で勝負? いえいえ、女性の多くは男性が思っている以上に「見た目」からさまざまな情報を得ているらしい。「まずはお友達から」などと流ちょうなことを言っている場合ではありませんよ! 会話する前から勝負はもう決まっていて、ファーストインプレッションが悪ければ、いくらがんばってもお友達にすらなってもらえない。

電子書籍『会って3秒で「ステキ」と思わせるデート・お見合いの服装&身だしなみ 恋活サプリBOOKS』(著・梅野利奈、108円、ブックビヨンド)は、第一印象をよくする実践的な魅力アップのテクニックを収録している。

「俺ってイケてる? 俺のカッコ、ダサクない?」と知り合いに直接聞くのは男の沽券(こけん)にかかわるというあなた。あるいはエッチな本を買うのも恥ずかしいが、こういったマニュアル本を買うのはもっと苦手だというあなた、わずか34ページ、100円、電子書籍なので、お手軽に購入できますヨ。