©Disney

写真拡大

2014年12月20日(土)公開の新作映画『ベイマックス』の世界展が、まさか! まさかの! 公開前に行われると聞いて、会場である銀座三越に駆け込んだ!

映画公開前にこの内容! ベイマックスの世界展の写真をもっと見る

なぜならば、映画『ベイマックス』は、『アナと雪の女王』で歴史を塗り替える驚異的大ヒットを記録している、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作。

既に全米で公開されているこの作品は“『アナ雪』以上の名作”との声も聞かれており、既にワールド・プレミアで鑑賞したファンからは「今銀座に行かなければ、一生後悔する」との声もあがっている。

■スタイリッシュな日本? どこか懐かしいコンセプトアート

2014年11月7日に全米で公開された『ベイマックス』だが、ワールド・プレミアは日本で行われたことをご存知だろうか。

『ベイマックス』の総監督は、アナと雪の女王から引き続き、トイ・ストーリーの監督を務めた “ジョン・ラセター”。

日本人以上に日本とジブリを愛するクリエイターの彼が、日本に恋をしたのは、初めて訪れた1987年11月だという。

2014年10月におこなわれた彼の講演では、ネオンや自動販売機、食品サンプル、新幹線、浅草寺、おもちゃ、生!宮粼駿など、初来日で感じた日本の魅力を写真とともに紹介。

世界最速上映の会場では、

「日本でワールドプレミアを迎えることをすごく楽しみにしていたんだ! サンフランソウキョウは僕の大好きな日本とサンフランシスコをマッシュアップした最高に魅力的な街だから、日本に皆さんにも気に入って貰えると嬉しいよ!」

と興奮気味に語っていた。

映画の舞台は、東京とサンフランシスコを融合したかのような、架空都市「サンフランソウキョウ」。

そして今回展示されているのは、そのデザインや世界観、雰囲気など設定の元となるデザイン・アート(コンセプトアート)の数々だ。

日本ダイスキ! “ジョン・ラセター” 率いるディズニー・アニメーション・スタジオが、日本各地を徹底的にリサーチ。

監督の “クリス・ウィリアムズ” が「見覚えはあるけど、実際には存在しない。そんな宮崎駿監督の世界観を目指したつもり。」と語る世界には、どこか懐かしい日本を感じることができる。

プロデューサーの “ロイ・コンリ” が「日本へのラブレター」と語る『ベイマックス』の制作には、日本人のイラストレーターである上杉忠弘(『コララインとボタンの魔女』のデザインで日本人初のアニー賞を受賞)や、ディズニー・アニメーション・スタジオのアーティスト、“スコット・ワタナベ” などが参加している。

架空都市サンフランソウキョウを日本人が違和感なく、そして日本人が魅力的に感じる街を創るべく、日本の要素と日本への愛をいっぱいに詰めて描いている。

■1週間で動画再生回数約50万回転! 鉄拳のパラパラ『ベイマックス』

『絆』や『振り子』といった、優れたパラパラ漫画の映像作品で、お笑い芸人としてだけでなくクリエイターとしても高い評価を受ける鉄拳。

テレビ番組の取材で、2014年4月、ディズニー・アニメーション・スタジオを訪れたのをきっかけに、オリジナルのパラパラ漫画作品を制作、ディズニーの正式なPVとして配信されている。

公開から1週間で、動画再生回数約50万回を突破するなど、「泣ける!」「感動した!」と、大きな話題を集めた。

ディズニー・アニメーション・スタジオの作品のプロモーションに、スタジオ以外のクリエイターが、オリジナルストーリーの映像を作ることは、異例中の異例だ。

プロデューサー “ロイ・コンリ” は、

「彼のパラパラ漫画は大好きですよ。彼とは何度かやりとりをして進めてもらったのですが、最終版は本当に素晴らしい出来となりました。描き続けて、パラパラ漫画も作り続けて下さい! 本当に最高です!」

監督の “ドン・ホール” と “クリス・ウィリアムズ” は、

「あなたの絵を気に入りました。とてもキュートでかわいいです。すごく魅力的で、ストーリーも素晴らしい。ありがとうございます!」

とコメントし、鉄拳の描いたパラパラ漫画、そして彼の作品が持つ、映画にぴったりとつながる優しさを手放しで絶賛した。

ベイマックスの世界展では、このパラパラ漫画の原画や、手にとってパラパラできるレプリカも展示されている。

■優しすぎるケア・ロボット ベイマックス

よちよち歩きの人間の赤ちゃんと、ペンギンの赤ちゃんをミックスして作られたと言われているベイマックス。

その白くて丸い空気の詰まったボディでヨチヨチ歩き、という愛らしさが魅力。

世界展の会場には、抱きつく人続出のおしゃべりする等身大のベイマックスや、ベイマックス フィギュアを使用したジオラマが設置されており、一緒に写真を撮ることができる。

■かわいい! そして、かっこいい! 多様なベイマックス グッズ

海外で販売されている『ベイマックス』関連書籍や、市場には "まだ!" 流通していない先行販売のグッズなど、さまざまなデザインのベイマックス グッズが販売されている。

SF・アクション・ハートフルと様々な側面を持つ映画『ベイマックス』同様に、ベイマックス グッズも、ほんわかとした手描きタッチのイラストや、かっこいいアメコミ、戦隊ヒーロー柄など、多様なデザインが用意されている。

デザインもさることながら、ぬいぐるみ、マシュマロ、文房具、スマートフォンカバー、巾着、ハンカチ、バッグに洋服等々グッズの種類も実に豊富!

私のお気に入りは、アルファベットとカタカナをミックスしたように見える「BAイMAX」ロゴの、ヒロとベイマックスの仲良しデザイン(※BAYMAXの「Y」のデザインが、カタカナの「イ」のように見える)。

子どもたちは、ベイマックスの枕をギューッとしたい! と話していた。

ベイマックス グッズが豊富に揃うこの機会に、お気に入りの一品を見つけておくのもいいだろう。

『ベイマックス』の世界展は、11月29日(土)〜12月7日(日)の間、銀座三越 9階 銀座テラスで開催。

映画『ベイマックス』は2015年12月20日に全国で公開される。

『ベイマックス』の世界展
11月29日(土)〜12月7日(日)最終日午後6時終了
銀座三越 9階 銀座テラス/テラスコート・テラスルーム(東京都中央区銀座4-6-16)
営業時間:午前10時30分〜午後8時 ※入場無料

 

また、銀座三越では、同期間で、

・アナと雪の女王などのプリンセスグッズを販売するディズニープリンセスグッズフェア
・ミッキーマウスなどのフィギュアや絵画を販売するディズニーアート&コレクションフェア
・ディズニーモチーフのジュエリーを販売する<ケイ・ウノ>POP UP SHOP
・エルサになれるスタジオアリスの「アナと雪の女王」小さなプリンセス撮影会

も開催されている。