11月特集 フィギュアスケート新時代 (9)

 フィギュアスケートといえば、日本ではこれまで女子の人気が高く、世界の舞台で活躍し続けてきた。そんな時代に少々陰りが出てきたようだ。

 今季のグランプリ(GP)ファイナル(12月、バルセロナ)に、日本の女子選手は誰ひとり進出することができなくなった。これは2000〜01年シーズンの東京大会以来、14季ぶりとなる。GPシリーズ最終第6戦となったNHK杯での結果によってはファイナル進出に望みがあった村上佳菜子と宮原知子(さとこ)だったが、惜しくもその切符を掴み損ねた。

 スケートカナダで銅メダルの宮原は、2大会連続の3位で表彰台に上ったが、上位6人の枠にあと一歩及ばず。ポスト浅田真央と期待された中国杯3位の村上佳菜子は、フリーで痛恨のジャンプミスをおかして得点が伸びず、4位に沈んだ。シニアGP初参戦の加藤利緒菜は5位だった。

 ファイナル切符を手にしたのは、NHK杯で初めてGP大会優勝を飾った、全米女王で19歳のグレイシー・ゴールドだった。ショートプログラム(SP)首位のゴールドは、フリーでも123.00点をマークして、合計191.16点でこの大会を制した。

 16歳の宮原はシャイで控えめな選手だったが、シニア2年目の今季は、「GPファイナルに出場したい」と、意欲的な発言をしていた。自身GP初戦となったカナダ大会で表彰台に立ち、ファイナル進出へ向けて好スタートを切った。そして迎えた地元大阪でのNHK杯。ファイナル切符獲得のチャンスが見えたことで、逆に硬さに繋がったようだ。

 試合本番でほとんどミスをしない選手としてこれまでは通っていたが、緊張してしまい、思わぬジャンプの失敗を重ねた。(SP)でもフリーでもプログラム冒頭で跳ぶ得意の3回転ルッツが回転不足で得点を出せず、SPが60.69点の4位でフリーは118.33点の2位で合計179.02点に留まった。

「今日は緊張からジャンプをしっかりと降りなきゃいけないと考えすぎてしまった。もっと滑りのスピードがあったら良かったと思います。GP大会では2戦ともスピードを出せず、ジャンプの回転不足があったのが響いてしまいました。自分の演技をきっちりできていたらファイナルに行けたと思いますが......」

 試合後は反省ばかりが口をついた。今大会の宮原は、SPでもフリーでも終始、表情がこわばっていたのが印象に残った。

 SPで3位につけて逆転優勝を狙った村上は「絶対にファイナルに行きたい」と意欲を見せていたが、フリーでまさかの108.71点。得点を伸ばせずに7位に沈み、合計173.09点で表彰台も逃すことになった。得点が出た瞬間は、がっくりとうなだれ、手で顔を覆った。

「あー、終わったな」

 今季はSPもフリーも「オペラ座の怪人」というユニークな選曲にチャレンジするが、プログラムは試行錯誤を繰り返している。初戦の中国杯であまり評価が高くなったこともあってか、2つのプログラム構成を大幅に変更してNHK杯に臨んだ。まだ滑り込んでいないこともあったが、SPはまずまずの演技で評価も出た。しかし、4分間のフリーは完成度の低さを露呈させた格好となった。

 演技半ばに跳ぶはずの単発の3回転ループが2回転になったにもかかわらず、その後に予定通り3回転サルコー+2回転ループ+2回転ループを跳んでしまった。今季のルール改正により、同じ種類の2回転ジャンプは2回までしか跳んではならないことになっている。結果的に跳びすぎ違反となり、得点源となるはずのジャンプの得点が0点になってしまったというわけだ。

「もともとループジャンプは不安だった。3連続ジャンプが0点になって悔しい。ルールは知っていたが、普段やらない失敗だったから。こんな失敗はしちゃいけないと学んだ。この悔しさが次に繋がると信じて全日本選手権でしっかりとやりたい」

 けん引役を期待される20歳は、きちんとルール変更に対応し切れなかった自身の不甲斐なさを痛感しながら雪辱を誓っていた。

 これまでのGPファイナルでは、日本女子が結果を残してきた。最多に並ぶ4度の優勝を誇る浅田真央をはじめ、村主章枝も2003年大会を制し、荒川静香や安藤美姫、鈴木明子らも表彰台に上っている。浅田が2連覇した昨年までは11シーズン連続で日本女子が表彰台の一角を占めていたほどだ。95〜96シーズンに創設されたGPファイナルに計5度も3選手を送り込んだ実績を持つ日本女子の黄金時代は、過去のものになってしまうのか。

 世界のトップに君臨してきた第一人者の浅田が休養に入り、ソチ冬季五輪シーズンを最後に鈴木と安藤が引退。その大きな穴を埋めるエース登場を期待したが、世代交代が上手く進まなかったのは否めない。その間隙をつく形で、一時低迷していたロシアが、ソチ五輪を契機に復活してくるなど、立場が逆転。今季も昨季に続き、ファイナルに勢いがある若手4選手が進出して一気に差を広げられてしまった。

 ロシア杯でGP初優勝を飾った18歳の本郷理華が補欠第1位につくなど、宮原、村上とともに日本女子が補欠に回った。GPファイナルの女子進出者は、15歳のエレーナ・ラジオノワ、17歳のエリザベータ・トゥクタミシェワ、16歳のアンナ・ポゴリラヤ、16歳のユリア・リプニツカヤ(いずれもロシア)に加え、アシュリー・ワグナー(米国)、ゴールドの6人となった。

 一方で、ジュニアGPファイナルには全日本ジュニア女王で今季のジュニアGPで活躍している13歳の樋口新葉(わかば)ら3人の有望な若手が出場を果たしている。このホープ3人が世界の舞台で目覚ましい飛躍を遂げれば、まだまだ日本女子の未来も明るいだけに期待が懸かる。12月の全日本選手権は、おそらく樋口ら若い力が旋風を巻き起こすはずで、村上や宮原もうかうかしていられない。

辛仁夏●文 text by Synn Yinha