ローマ法王「人類は広島と長崎から学んでいない」と核兵器廃絶訴え

ざっくり言うと

  • ローマ法王が11月30日、トルコからバチカンに戻る特別機上で記者団に語った
  • 「人類はヒロシマとナガサキから何も学んでいない」とし、核兵器廃絶を主張
  • イスラム国からキリスト教徒が迫害を受けるイラクへの渡航も、希望した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング