これから鍋の季節に欠かせないカセットコンロ市場でシェア約6割を占めるのが岩谷産業だ。実は、今一番売れているのが、高さ7.4cmの薄型タイプ。13年目の超スリム化成功の秘密とは?

「キッチンツールはおしゃれに進化しているのに、卓上カセットコンロは昭和のまま。約30年間、ずっと高さ10cmの厚い箱形時代が続きました」と、岩谷産業カートリッジガス本部の岡本務さん。

 同社は昭和28年、プロパンガスを日本の家庭に初めて持ち込み、薪や炭の時代からガスコンロへと台所革命を起こした。昭和44年には、カセットボンベを開発し、日本で初めて卓上カセットコンロを発売。家族みんなで鍋を囲めるようになった。そんな同社が1999年から取り組んできたのが卓上カセットコンロの“スリム化”だ。

「食卓で火を使用するカセットコンロは安全性が第一。薄くするとテーブルに炎が近づいてしまうため、熱を逃がす工夫が必要でした。この商品のバーナーでは炎が出る部分を縦型にすることで炎の幅が3cm減り、炎が上に向かって出るようになりました。鍋が効率よく温まり、熱を逃がすこともできるように。13年越しのマイナス3cm、超スリム化に成功しました」(岡本さん)

 2012年に発売し、年間約68万台が売れている。

※女性セブン2014年12月11日号