「これからの都市とライフスタイル」:イノヴェイター8人の未来構想

写真拡大

「オリンピック・シティ」を求める声に、東京はこれからどう対応していくべきか。経済発展を遂げる東アジアにおける「アート」の新しい役割とは何か。先進的な「テクノロジー」を手にした市民のライフスタイルは、今後どう変わるか。都市の新たな発展を促す「クリエイティヴ・エコノミー」とは? 10月に東京・虎ノ門ヒルズで開催された「Innovative City Forum 2014」の登壇者たちのアイデアを紹介する。(雑誌『WIRED』VOL.14 別冊より転載)

「「これからの都市とライフスタイル」:イノヴェイター8人の未来構想」の写真・リンク付きの記事はこちら

ジャスティーン・サイモンズ | JUSTINE SIMONS
ロンドン市の文化部長として、映像、ファッション、デザインなどクリエイティヴ産業への投資戦略を指揮する一方、国際文化交流、パブリックアートなどの文化政策も統括する。文化と都市の未来をグローバルに考える「世界都市文化フォーラム」の議長も兼任。

1.オリンピックで都市のカルチャーはどう変わるか

何億人という視聴者の目が開催都市に注がれるオリンピック。このチャンスにクリエイティヴ産業のポテンシャルをアピールすべく、ロンドン市は「夢」を語って、アーティストたちとタッグを組んだ。

TEXT BY SHOGO HAGIWARA

「プラン」ではなく「ドリーム」が
オリンピック成功のカギを握る

ロンドン市で文化部長を務めるジャスティーン・サイモンズの問いかけは、史実に対する“if”から始まる。キング牧師が1963年に行ったかの有名なスピーチ「I have a dream(=わたしには夢がある)」。そのとき彼がもし「I have a “plan”(=わたしには“計画”がある)」と語っていたら、果たして現在へと続くアメリカの公民権運動はどのような軌跡を辿っていただろうか、と言うのだ。

それに対して、「バラク・オバマというアメリカの黒人大統領誕生もまだ実現していなかったのではないか」というのが彼女の答えだ。サイモンズによれば、それほどまでにdreamという言葉(そして行為)が生み出す潜在的な創造力は大きく、また、同じことが都市の文化政策にも当てはまると言う。オリンピックのような世界規模の一大行事に向けた施策立案を前に、プランを練るのではなく、一見すると荒唐無稽に映るかもしれない「夢」を語るのは、いささか勇気のいることかもしれない。しかし杓子定規にものごとを進めるだけでは、200を超える国々の視聴者にインパクトのある都市の姿を印象づけることはできないのだ。

「ロンドンは、カルチャーとクリエイティヴィティを経済成長のカタリスト(=触媒)と位置づけています。そこでロンドン五輪への準備を始める際、まずは芸術家やさまざまな分野のクリエイターとディスカッションを行いました。彼らは常識にとらわれない、文字通り夢のようなヴィジョンを次々と提供してくれたのです」と振り返るサイモンズ。

例を挙げるなら、ターナー賞受賞者でもあるコンセプチュアルアーティストのジェレミー・デラーが考案した、ストーンヘンジの実物大インスタレーションから、ロンドンの街を舞台に開催したダンスの祭典「ビッグダンス」、さらにはトラファルガー広場にあるネルソン提督など市内に数多く存在する歴史的人物の銅像に帽子をかぶせるアートプログラム「ハットウォーク」まで。ロンドン市民をオリンピックという壮大なストーリーの重要な登場人物として位置づけ、積極的に参加する機会を設けることで、五輪開催への一体感を草の根レヴェルから醸成した実績も見逃せない。

「もっとも大事なのは、アーティストのアイデアに単に耳を貸すのではなく、プロジェクトを推進していく自由と決定権を付与すること。そうすることで、真にクリエイティヴな街づくりが可能となるのです」。

INNOVATIVE CITY FORUM 2014
2014年10月8〜10日、東京・虎ノ門ヒルズに、国内外で注目されているイノヴェイター24人が集まった。都市をキャンヴァスに活動するアーティスト、クリエイティヴィティを促進する街づくりを目指す都市設計者、市民のライフスタイルを変えるような先進的な研究を行う科学者……。さまざまなバックグラウンドをもつ登壇者たちが、分野を超えた議論を行い、「都市とライフスタイルの可能性」を探った。

TAG

ArtFuture CityGalleryDesignNew IdeaWIRED Promotion

ピーター・ビショップ | PETER BISHOP
25年間にわたりセントラルロンドンの計画局長として、カナリー・ワーフやキングスクロス駅周辺の大規模開発に取り組む。その後、デザイン・フォー・ロンドン、ロンドン開発公社を経て、現在は、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン教授を務める。

2. オリンピック閉会後まで考えた都市設計

廃墟と化したスタジアム、期待外れの経済成長……。五輪の歴史は、開催都市が抱えてきた“負の遺産”と無関係ではない。しかしロンドンは例外的に発展を続けている。果たしてその秘密とは?

TEXT BY SHOGO HAGIWARA

“インテンシフィケイション”の秘密

キャリアを通じて、常にロンドン市の開発を統括してきたピーター・ビショップにとって、ロンドン五輪開催というかつてないプロジェクトを軸とする都市開発のカギとなったのが、「インテンシフィケイション」という日本人にはちょっと耳慣れないコンセプトだ。もととなる英単語は「Intensify(=増強)」。つまり新たな開発のため、郊外へと土地を求めるのではなく、既存のインフラやリソースを増強・集積することで用地確保などの新たなニーズに対応し、都市の無秩序な拡大を防ぐというもの。高層階のビル建設が一例に挙げられるが、オフィスであれ住宅であれ、横方向ではなく縦方向に開発のベクトルを置くことで、緑溢れる郊外エリアの美観を犠牲にせず、都市部内で完結するコンパクトな開発が可能となる。

「実際、2012年へ向けた大規模な開発プロジェクトがありながらも、ロンドン市内の緑地面積は以前と変わらぬままです」と誇らしげに語るビショップ。しかしなぜそのようなことが可能なのか。20年に控える東京五輪同様、“サステイナブル”“コンパクト”を標榜したロンドンとはいえ、スタジアムや選手村など新規に建設した大規模施設は当然存在する。

その秘密は、メイン会場となったオリンピック・パークの建設用地にある。

「東ロンドンに位置するこの土地は元来、産業廃棄物処理業者などが集まるエリアでした。『ブラウンフィールド』とも呼ばれ、土壌汚染が進んでいたこの土地をオリンピック用地としてロンドン市が買い上げたのです。7.5㎢にもおよぶ広大な土地を浄化し、また既存の産廃業者には移転先を提供するなど、スケールもバジェットも壮大なものでしたが、それすらも正統化できたのがオリンピック開催だったわけです」

だが、その投資に対するリターンはすでに具現化しつつある。ビショップらが描いた長期的マスタープランに従い、オリンピック・パーク跡地には、3,000戸を超えるレジデンスや大規模な公園の建設が進んでいる。かつての荒廃地に元来のエコロジーを取り戻しつつ、同時に、東ロンドンを商業・ビジネスのハブへと変貌させている。

「都市機能を集積したハブをつくり、それをスマートな公共交通機関で結ぶ。そうすることでオリンピックがわれわれに残した“遺産”を、さらに魅力的な街づくりへと活用していけるのです」。


オリンピック閉会後まで考えた長期的な都市計画
オリンピックはロンドンの最貧困層が住む地域を、多様性と持続可能性を重視したコミュニティへと変化させた。汚染された土地の表土を入れ替え、解体再利用可能な競技場を建設してオリンピックを開催したあと、その“レガシー”は単に物理的な遺産として残るのではない。住宅、公園、アート、教育の場として地域住民が「わたしたちは外に向かってオープンだ」と世界に向けて自信をもてる、精神的な遺産としても残るのだ。(TEXT BY RAY YAMAZAKI)


TAG

ArtFuture CityGalleryDesignNew IdeaWIRED Promotion

ヴェンザ・クリスト | VENZHA CHRIST
メディア・アーティスト、活動家。HONF Foundationディレクター。インドネシアのジョグジャカルタを拠点に、さまざまなコミュニティを形成し、メディアアート・フェスティヴァルの開催やワークショップなど、多岐にわたり活動する。

3. アートは社会問題を解決できる

インドネシアのエネルギーや農業の問題に対して、ヴェンザ・クリストは、科学者やハッカーの仲間とともに、メディアアートを通して活動し、その解決策を追い求めている。

TEXT BY MAYA NAGO

アートで社会システムをハックする

アートと社会をコネクトすること。ヴェンザ・クリストの活動の根底には、この考えがある。

「ぼくたちの活動の目的は、社会に内在するさまざまなシステムをいかにハックできるか、ということ。アートという名のもとで美的なことばかり論ずるのではなく、いまある社会問題に向き合い、そのソリューションを探し出す。夢を見るだけ、議論するだけ、あるいは理論を振りかざすだけでは誰も救われない。誰かのせいにしても、何も変わらない。そんな社会システムをつくったのは結局のところぼくら自身なのだから、責任は自分たちにある。同じ志をもった人たちとつながり、行動を起こさなければ望む未来は手に入らない」

『ミクロネーション、マクロネーション』というプロジェクトでは、多くの科学者やハッカーなどを巻き込んで、1ヘクタールの畑と数頭の家畜、ラボなどを擁する「国家」を実際に建設した。食糧の問題、エネルギーの問題、資源の問題……。インドネシアが抱えるさまざまな社会問題の解決策を、この小さな国家を通じて実験、提示したのだ。稲わらからエネルギーをつくり、自国のサテライトをハックして衛星データを活用するなど、パフォーマンスでは終わらない、よりよい社会実現に向けたリアルで革命的なアートプロジェクトだ。

「これまで数多くの哲学者や理論家たちが、デモクラシーについて語ってきたが、誰もその理想を実現していない。強い国でも、その社会システムはあまりに脆弱で、皆、未来に対する恐怖を拭い去ることができない。“恐怖”から“夢を見る”ことはできないんだ」

彼の活動では、その主題に合わせて、さまざまなコミュニティが形成される。コミュニティの力は間違いなく不可欠だが、ただし、とヴェンザは付け加える。

「メンバーシップにとらわれないコミュニティが非常に大切なんだ。メンバーシップは、往々にして人を従属させたり束縛する。そうではなく、誰に対してもドアを開き、受け入れ、そして彼らが必要だと思ったとき、自由に出入りできる場所、それが理想のコミュニティだと思う。脳で考えるだけ、理論に共感するばかりではだめで、ここ(ハート)から湧き出るフィーリングをシェアできなければ、成立しない。ぼく自身、それがわかるまで、多くの失敗を経てきたけれど、そうしたコミュニティの力をもってすれば、既存の経済制度や金融制度をディスラプト(破壊)することが可能だと信じているんだ」。

MICRONATION / MACRONATION:稲わらからエタノールをつくる、インドネシアのアートプロジェクト
社会が抱えるさまざまな問題に、独創的な発想と行動力で挑むインドネシアのHONF。ヴェンザ・クリストが設立した開かれたコミュニティのプラットフォームは、たった5%しか利用されていない稲わらからエタノール燃料をつくり出すというアイデアの実現に際して、地域住民や専門家を巻き込み、アートとサイエンスの両方向からアプローチする。そのイノヴェイティヴな農村運営モデルの提案は、日本や世界から注目を集めている。(TEXT BY YUKO NONOSHITA)


TAG

ArtFuture CityGalleryDesignNew IdeaWIRED Promotion

猪子寿之 | TOSHIYUKI INOKO
エンジニア、デザイナー、プログラマー、アニメーターなど、総勢300名の「ウルトラテクノロジスト」を擁するチームラボ代表。アート制作、アプリ開発、空間設計など活動範囲も広い。国外でも精力的に作品を発表、高い評価を得ている。

4. アーティストは新しい視点を都市に取り入れる

「人間の行動」ではなく、「空間」そのものを拡張する。そしていずれは都市そのものをつくり替えていく。それがチームラボ代表の猪子寿之が目指す、デジタルアートの未来だ。

TEXT BY MAYA NAGO

デジタルアートが「空間」の意味を変える

人の「何気ない行動」が、「そこにある」作品に知らぬ間に影響を与え、変化させる─チームラボの作品の多くは、無意識な人の行動が作品を変容させるという手法でつくられている。

「ぼくはデジタルで『人間』や『人間の行動』を拡張するのではなく、『空間』そのものを拡張したいと思っている。例えば、空っぽの空間に机や木が置かれることで、無意識に人の振る舞いは変わる。そんなふうに、自分の意思とは無関係に、複数の人たちの振る舞いが変わることで、作品との間になんらかのコミュニケーションが生まれ、空間、あるいは作品自体が変容していく。ぼくの興味を惹き付けるのは、鑑賞者である個人と作品との対話ではなく、そこなんです」

シンガポール・ビエンナーレ2013で発表された『秩序がなくともピースは成り立つ』は、まさにそれを象徴する大作だ。ギャラリー空間の中に、ホログラムの人や動物が無秩序に、そしてエンドレスに連なり、めいめいが楽器を演奏している。観客はその合間を歩いたり立ち止まったりしながら鑑賞するのだが、観客の行動に影響を受けたホログラムの行動に変化が生まれ、あるところに達すると演奏は大きなまとまりとなる。あるいは大分県の国東半島で発表された花のインスタレーション『花と人、コントロールできないけれども、共に生きる - Kunisaki Peninsula』。鑑賞者が近づきすぎると花が散り、ある距離感に達すると、花が急速に育つ、という作品だ。

猪子のこのアプローチを実験する究極的なアイデアが、都市そのものをアートでつくり替えるというもの。場所ありきの“アート=パブリックアート”などという概念ではとうてい捉えきれない、壮大なアイデアだ。

「究極的に言えば、例えば街頭は照度を担保するという機能さえ果たせれば、その形態はどうだっていい。そうなると、都市そのもののつくり方がまったく変わってくる。加えてデジタル時代のいま、都市の捉え方自体も以前とまったく違う。これまでは、場所があってはじめてコミュニティが形成されていったのが、いまでは、何らかのつながりをもったコミュニティが場所より先に生まれている。そんなふうに人類が場所性から解放されていくなかで、都市の概念自体がまったく異なるものになってもおかしくない。と考えると、都市そのものをアートでつくり替えることも可能なのではないでしょうか」。


TAG

ArtFuture CityGalleryDesignNew IdeaWIRED Promotion

ケヴィン・スラヴィン | KEVIN SLAVIN
Area/Code(現Zynga)でのソーシャルゲームや、AFK Labsでの次世代リスポンシヴ・エンヴァイロメント開発などを経て、現在、MITメディアラボ、メディアアート&サイエンス准教授。ケヴィンの伝説的なTEDスピーチは、300万回以上の再生回数を誇る。

5. テクノロジーが都市と人との新たな関係性を構築する

人類はいま、自らを構成する“知っているけど、わからない”システムを解明しようとしている。10年後には、ライフスタイルが変わっているどころか、人間の定義自体が一変しているかもしれない。

TEXT BY MAYA NAGO

不可視なものを可視化させる

ケヴィン・スラヴィンの活動の基軸にあるのはいつも、「不可視なものを可視化させる」というアイデアだ。「目に映るものが真実」という考え方を根っこから覆しかねない彼の活動は、わたしたちの生活や人生をいっそう豊かにしうる可能性を示唆すると同時に、人間の定義をも変えてしまうかもしれない恐怖を孕んでいる。

「怖がる必要なんてない。例えばあなたのDNAをくまなく調べ上げるとする。すると、その10%だけが人間固有のものであり、あとの90%は微生物なんだ。ぼくたちは、いま、自らを構成するシステムについて、より知識を深めようとしている段階にいる。そのとき起こるのは例えば、地球が太陽の周りを回っていると初めて知ったときと同じような衝撃だ。われわれの感情や経験は脳が司っていると思われてきたが、実は感情を表現する伝達物質であるセロトニンの95%は腸で生成されている。自分自身を形成している無数の神経やバクテリアには、それぞれの思考がある。ということは、いまぼくらは『思考する=何らかの脳の作用』と信じているが、それ自体、完全に崩壊するかもしれない。そして、10年後くらいには、人間の定義自体が一変しているかもしれないね。『知ってるけど、わからない』ことを解明しようという、すごくエキサイティングな時代にぼくたちはいる。科学者たちがその謎を突き止め、アーティストたちが、人々が関心をもてるやり方で、それを表現していくべきだ」

ケヴィンはTEDトークで、人間がつくり出したアルゴリズムという不可視なシステムが、人間のコントロールを越えていくことに警鐘を鳴らした。そしていま、自然という人知を超越したシステムと人との関係性を可視化させることで、人間の生活に還元しうることの可能性を提示しようとしている。

「システムには、フィジカルなもの、微視的なもの、あるいはデジタルなものがあるけれども、そういったシステムと人間の相互作用をいかに楽しく可視化させるかに興味があるんだ。かつて点描画家たちは、影を紫色の点で表現した。人々は狂っていると思ったが、実はその10年ほどあとになって、科学者たちは、それが光の色として科学的に正しいことを立証した。アートの表現とは、ときに正解でないこともあるが、科学的に真実であることもある。それって、すごく面白いと思わないか?」。

CROSSROADS:マンハッタンのリアルな街で遊ぶ、モバイルGPS「陣取りゲーム」
ケヴィン・スラヴィンは「都市を遊び場にしよう」とプレイヤーを誘う。『CROSSROADS』では携帯端末の画面に周辺地図と2人のプレイヤーを示す太陽と月のアイコンがGPSで表示され、迫り来る悪霊を避けつつ交差点の通過数を競う。マンハッタンを自分の足で走り回り端末の画面を通してライヴァルや悪霊を見ると、自分の周りの都市空間に現実世界と仮想世界の2層のレイヤーが生じて、認識に深みが増すのに気づくだろう。(TEXT BY RAY YAMAZAKI)


TAG

ArtFuture CityGalleryDesignNew IdeaWIRED Promotion

グナラン・ナダラヤン | GUNALAN NADARAJAN
ミシガン大学ペニー・W・スタンプス・アート&デザイン校学長。アート、サイエンス、テクノロジーを横断的に論考する芸術理論家、教育者、キュレーターなどとして国際的に活動し、近年は特に、メディアアートの発展に貢献している。

6. アートは人類の定義をも変えうる力がある

インタラクティヴな都市体験ゲームや、ヴァーチャル・パブリック・アートなど、テクノロジーを使ったアートには、生活者の体験や記憶、感情といった都市のソフトな側面を変えうる力が備わっている。

TEXT BY MAYA NAGO

メディアアートは都市を「ソフト化」する

アートをめぐって都市にコミュニティやコミュニケーションが生まれ、人々のつながりが強化される。都市が抱える問題に対し、アートを通じて問題提起をする。あるいは、アートが地場産業活性化の媒介となる─。世界のさまざまなアーティストグループによる「都市」をテーマとした活動事例を紹介しながら、都市のなかでつくられていくアートには、トップダウンではなく、ボトムアップで都市の未来を変えていく力があると語ったグナラン・ナダラヤン。

「とくに、都市とメディアアートの動き方やその速度には、類似性がある。テクノロジーとは、多くの場合、都市生活のなかで使われ、成長し、発展していくもの。そのテクノロジーを芸術表現のツールに用いるという意味で、メディアアートの進化の速度や都市における役割は、テクノロジーと共通する部分が多い。メディアアートには、都市を変化させうる力があります」

では、ヴァーチャルな空間でコミュニティをつくり、概念上の都市を形成することが可能な現在において、都市と人々との関係はどのように変わっていくのだろうか。ナダラヤンは、ジョナサン・ラバンの『ソフトシティ』を例に挙げて、こう話す。

「都市を定義するのは、必ずしも建築や道路といった『ハード』だけではありません。そこに暮らす人々の体験や記憶、感情などの『ソフト』が都市を形成していると言うこともできる。とすると、個人にとって、この“ソフトシティ=コンセプト”としての都市性の方が、リアリティがあるのは当然です。そこに自分の記憶や思いが投影されるからです」

都市をソフト化する─それは、都市の体験そのものを変えることでもある。2050年までに、地球の人口の6〜7割が都市に住むと言われる。ならばなお、未来の都市はより楽しく暮らせる場であってほしい。

「そのために、メディアアートが果たす役割は大きい。例えば、渋谷のLED化されたビルのファサードを利用して、傍を通り過ぎる人たちの数や感情に影響を受けて色を変える、というふうに、ビルそのものをキャンヴァスに見立てて遊ぶことができる。すでに、都市とプレイヤーがインタラクトできるような都市体験ゲームを開発するアーティストもいる。ヴァーチャル・パブリック・アートの出現もある。メディアアートを用いて都市をソフト化することで、人と都市とを精神的により近づけ、親密な関係を構築できるのです」。


TAG

ArtFuture CityGalleryDesignNew IdeaWIRED Promotion

ジェイソン・スー | JASON HSU
NGO、政府、民間企業からアイデアを集めて、都市改革の実現を目指すイヴェント・コンサルティング企業、「The Big Question Inc.」を2008年に創設。その後、「TEDxTaipei」や「Shareable Cities」を主催し、台北にイノヴェイションを促している。

ガーンディー・レオパイロー | KARNDEE LEOPAIROTE
タマサート大学ビジネススクール准教授と、タイ未来革新研究所のエグゼクティヴ・ディレクターを兼務。地域の知恵を引き出し、公的参加を促して国政の革新を提示する、ポリシー・デザイン・ラボの「タイ青写真イニシアティヴ2020」では主導的な役割を担う。

7. クリエイティヴ・エコノミーは市民と行政の共創から生まれる

行政による一方的な「トップダウン」の政策では経済発展は難しい。市民と政策立案者を交えたコ・クリエイションの場から、今後の発展に不可欠な「クリエイティヴ・エコノミー」の実現を目指す。

TEXT BY HIROKI MARUYAMA @ WIRED.jp

市民と行政をつなぐコ・クリエイション

これからのタイの経済発展のために、クリエイティヴィティをいかに生み出すか。タイ未来革新研究所のガーンディー・レオパイローは、それを「クリエイティヴ・エコノミー」というコンセプトとして提唱し、タイの経済政策への導入を実現している。政策立案者にその有用性を説き、具体的な方法論をアドヴァイスすることが彼女の仕事だ。その方法論とは、音楽や映画などのいわゆる“クリエイティヴ”産業の新たな育成を目指すのではなく、すでにタイ経済において大きな割合を占める農業、工業、サーヴィス業に、クリエイティヴィティをもたらすというものだ。

「例えばタイの工業は、多くの企業が海外メーカーのOEM(相手先ブランド名製造)を行っていますが、労働賃金を抑えた安価な生産体制はすでに限界に達しています」とレオパイローは話す。「わたしたちは低コスト競争の時代に終わりを告げなければなりません。次のステップへ進むには新たな価値を生み出す『クリエイティヴ・エコノミー』の発展が不可欠です」

ただし、経済政策によってクリエイティヴィティを促す、というトップダウンのやり方には、注意が必要だと彼女は指摘する。

「政策立案者は、自分たちだけで計画しようとする傾向があります。それで失敗した事例をこれまでにいくつも見てきました。そうではなく、市民のアイデアを取り入れながらつくっていかなければなりません。両者をつなげることで初めて、効果的なプロジェクトが実現できるのです」

台北を拠点に活動するイヴェント・オーガナイザーのジェイソン・スーは、レオパイローと共通する問題意識を抱えている。彼のヴィジョンは、市民と政策立案者が一緒になって課題に取り組む場を設けることで、台北に新たなクリエイティヴ・ヴァリューを生み出すことだ。TEDのローカル版「TEDxTaipei」や、カンファレンスとハッカソンを組み合わせたイヴェント「Shareable Cities」など、市民でコンテンツを企画し、政策立案者も招いて共創するボトムアップのプロジェクトを組織するとともに、行政の政策アドヴァイザーとして、トップダウンの取り組みにも携わっている。

「ボトムアップのプロジェクトを成功させるには、トップ側(行政)にも足を踏み入れて共創の方法を模索するべきです。システムのなかにいなければ、システムと戦うことはできないからです」。

SHAREABLE CITIES:シェア時代のライフスタイルを議論し台北の街を変えるハッカソン
都市生活は便利な一方で、所有できる物量に限りがあるという不便さをもたらしている。ジェイソン・スーが提案する「Shareable Cities」は、ソーシャルメディアを介してピア・ツー・ピアにモノやサーヴィス、リソースをクラウド化し、「ネチズン」が共有するための新しいシステムを創造するハッカソンである。持続可能な資源の利用を促進するソリューションはコミュニティを活性化し、次なる都市の成長にもつながる。(TEXT BY YUKO NONOSHITA)