「日清 からあげグランプリ最高金賞店監修から揚げ粉 塩味 コク旨仕上げ」

写真拡大

日清製粉グループの日清フーズは2014年12月1日、「からあげグランプリ」塩ダレ部門で5年連続最高金賞を受賞した、大分県中津市のから揚げ専門店「元祖中津から揚げ もり山」監修の「日清 からあげグランプリ最高金賞店監修から揚げ粉 塩味 コク旨仕上げ」を発売した。

発酵調味料使用で漬け込み時間短縮

「もり山」は、「から揚げの聖地」と言われる中津市に本店を構えながら、全国で合計21店舗を展開する人気店。こだわりの塩をベースに、にんにく・しょうがを絶妙に効かせた味わいが特徴だ。

今回の商品化では、複雑なコクと旨み、そして食欲をそそるにんにくの風味を効かせながらもすっきりとした味わいにこだわった。

また、もり山では2回の味付けの段階で、それぞれ肉を半日程度寝かせて味をしみこませているが、製品化に当たり発酵調味料を配合することで、漬け込み時間を10分に短縮。しっかりと味がしみ込み、肉がやわらかくなるように設計した。

希望小売価格は141円(税抜)。