男性の場合、腹囲(へそ周り)85儖幣紊NG、と厳しいメタボ診断。それだけに「周りもみんなひっかかっているし…」と油断していませんか?

写真拡大

「僕たち、脂がのったサーロイン男子だからね〜」

 つい先日、50代に差し掛かる肌ツヤの良い男性たちがそう口にしながら豪快にビールを飲んでいました。脂ギッシュでメタボ体型の、笑うに笑えない、リアルすぎるサーロイン体型の方がそんなことをいったら、何も聞こえなかったふりをしてしまったかもしれませんが、「サーロイン男子っていいですね!」とおもわず笑ってしまいました。

 ベルトの上にお腹が乗るのは避けたいですが、脂がのっている、というのは悪くありませんよね。事実、40代、50代は、たくさんの経験を積んで、顔の造作だけではない、凛としたかっこよさが出る年だとも思います。でも、身体だけは、何もしないでいると緩んでしまうばかり…。もう、筋トレにはげむしかないのでしょうか。

男性ホルモン分泌量の減少で
筋力もやる気もなくなっていた!

 男性として魅力的であるために必要不可欠なもののひとつとして“男性ホルモン”があります。男性ホルモンといっても「あ、もう現役引退したから良いんです」というようなアノ話に限ったことではありません。胸筋を支えて男性らしい身体を維持するのも、目のたるみを防ぐのも、大事な毛の発育を促すのも、内臓脂肪がつくのを防ぐのも、疲れにくい身体を作るのも、この男性ホルモンの働きによるところもあるのです。

 つまり、男性ホルモンとは、日常を快適に過ごすためにも、老いを感じないためにも必要なもの!なのですが、大人になってからの男性ホルモンの分泌量は下降線をたどるばかりです。その曲線の中で、40代というのは、ひとつの大きな「ガクン」ポイント。そうなると、上半身がおとろえてきたのにお腹はでっぷり、毛もちょっとさみしげ…となってしまいます。

 男性ホルモンの分泌量が落ちると、気力も落ちやすくなるため、昔はあんなにやる気があふれていたのに、今となっては「会社なんて行けばいいかな」…なんてテンションになっていたらかなり要注意です。

 でも、そうして男性ホルモンの分泌量が減るのも「年をとったら仕方がないこと」かというと、そうでもないのです。確かに、昔よりは多少落ちるかもしれない…でも、そのスピードを緩やかにすることはまだまだ可能です。そして、そのスピードをコントロールすることこそが、かっこいい身体を維持するために必要なことです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)