「こんな会社経営者はイヤだ!」ランキング1位は?

写真拡大

社員に過酷な労働を強いて、パワハラが横行する“ブラック企業”と呼ばれる会社は残念ながら少なくないようです。そのような会社は、トップである経営者にも問題がありそう。そこで今回は、「こんな会社経営者はイヤだ!」と思うことを探ってみました。

■「こんな会社経営者はイヤだ!」ランキング
1位:社員の愚痴をブログに書く
2位:すぐに気が変わる
3位:話がやたらと長い
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《社員の愚痴をブログに書く》でした。最近は誰もが自由にツイッターやブログを通じて自分の意見を発信できる環境があります。そんな中、自身のブログで社員の愚痴を書く経営者もいるよう。社員の悪口を書く=自分の会社の悪口でもあるということに気が付かない経営者に、タメ息をつく人が多いようです。2位は《すぐに気が変わる》でした。すぐにコロコロと意見が変わり、せっかく行った仕事と時間が水の泡…そんな経営者にはイライラしてしまいますよね。3位は《話がやたらと長い》でした。ダラダラ話をする人は意外と多いもの。仕事中だとなおさら「もっと要点まとめてよ…」と思ってしますよね。4位は《飲み会などで金払いが悪い》でした。もちろん全額出してもらうつもりはないけれど、特に多く出すそぶりがないと「なんかなぁ…」と感じてしまう人が多いようです。5位は《台風など交通機関が動いていない日も会社に来いと言う》でした。台風など自然災害時には自宅にて仕事をするよう指示を出す会社も増えてきた中、交通機関が動いていないのに「なんとかして来い」と無理強いする経営者には呆れてしまいますね。
このように、社員のことを全く考えない自己中心的な経営者が社員から嫌われてしまう傾向に。人の上に立つ人は、ビジネスマンとして配慮ある考え方や行動を示してもらいたいものですね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年11月4日〜11月7日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)