最終戦で好プレーを見せ、倉本は史上初の快挙達成!(写真提供:日本プロゴルフ協会)

写真拡大

<いわさき白露シニアゴルフトーナメント 最終日◇30日◇いぶすきゴルフクラブ開聞コース>
 鹿児島県にあるいぶすきゴルフクラブ開聞コースで開催された国内シニアツアー最終戦「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」。最終日の今日、悪天候のため競技中止が決定。2日目に首位に立っていたPGA会長の倉本昌弘の優勝が決まった。

 2位と4打差のトータル12アンダーでスタートした倉本。1番、2番とパーを並べたところで悪天候のため競技が中断。そのまま中止となり、見事栄冠に輝いた。
 今大会は2日間競技となったものの賞金は100%加算。現在賞金ランキング1位の室田淳が4位タイに終わったため、倉本が逆転で賞金王に輝いた。現職の会長が賞金王となるのは史上初の快挙となる。室田は昨日あと2つバーディが奪えていれば2位タイに浮上、賞金王だったために悔やまれる結果となった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>