倉本昌弘、現職会長賞金王の快挙なるか?(写真提供:日本プロゴルフ協会)

写真拡大

<いわさき白露シニアゴルフトーナメント 2日目◇29日◇いぶすきゴルフクラブ開聞コース>
 鹿児島県にあるいぶすきゴルフクラブ開聞コースで開催中の、国内シニアツアー最終戦「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」の2日目。PGA会長の倉本昌弘がトータル12アンダーまでスコアを伸ばし2位に4打差をつけて単独首位に浮上した。

 このまま倉本が優勝を飾り、現在賞金ランキング1位の室田淳が3位タイ以下に終わると、初の現職会長賞金王が誕生することとなる。しかし、賞金ランク1位の室田淳も6アンダーの4位タイと好位置をキープしている。室田の2連続賞金王か。それとも倉本の現職会長賞金王か。いよいよ勝負は最終局面を迎える。
 4打差の2位には羽川豊、トータル7アンダーの3位に友利勝良がつけている。優勝すれば逆転賞金王の可能性を残す尾崎直道はトータル3アンダーの16位タイと厳しい位置で最終日を迎えることとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>